本当に面白いリーガルビジョン・東京ミネルヴァの内情を知ると思われる者からのコメント 実質的な後継法人の株式会社エスリアンも積極的に活動しているようですね 

本当にリーガルビジョン関係者と思われる人からのコメントは面白い、当事者以外知らないような事をご連絡頂けるので本当に参考になるので心より感謝したい。以下に「自称ロックンロールな弁護士先生」という方からのコメントを掲載し、インラインで茶々を入れる。

「法律の窓口」が閉鎖されている理由は簡単でしょう。

川島弁護士が嘘の情報を流したためにリーガルビジョンにクレームが殺到したからだよね。

子供でも分かることだよ。

→何で、そのようなアナウンスもせず、「法律の窓口」において川島弁護士の述べたことは事実と異なるという主張を掲載せず、突然閉鎖したのか子供じゃないけど分かりません。

「一連托生」メールの意味は、東京ミネルヴァが未払金を払ってくれないとウチもただでは済まないって意味でしょう。他の意味にはとれないでしょう。川島弁護士を信じて尽くしてきたんだから、それに応えて欲しいということでしょう。ところが、川島弁護士はあっさりと裏切った。

→「ウチも」という表現ですので、コメント頂いたのは会長様と推測しておりますがよろしいでしょうか?そもそも、川島弁護士が東京ミネルヴァの代表に就任した時には4億円の預り金の欠損があったわけです。この預り金の欠損はなぜ発生したのでしょうか?

川島弁護士を信じて尽くしたといいますが、元々東京ミネルヴァを実質的に経営していたのは会長様ではないのですか?川島弁護士を引っ張ってきたのは会長様じゃないかもしれませんが、信じて尽くしたというのは川島弁護士の述懐からは到底感じることができませんよ。

「一連托生」メールの内容は、預り金の欠損について「一連托生」というように判断するのが一般人の通常の読み方ではないですか。

川島元弁護士が「カモーンミネルヴァ」などという広告は打たないでしょ?ゲーノー人とは会長様がご昵懇ではないのでしょうか?広告出稿の意思決定は誰が行っていたのか教えて欲しいです。

誰が一番の被害者なのか?

→東京ミネルヴァの被害者です

子供でも分かるでしょ。

→当たり前だよ、東京ミネルヴァを信頼してお金を払った人、預り金をカッパライされた人が本当にかわいそうだと子供でも分かりますよ。

ちょっと昔話をしよう。

→昔話は苦手!本でも書いたらオジサン!

リーガルビジョンは過去にも同様の被害を被ったことがあったが裁判はすべて勝利した。

某弁護士が逃亡を図る寸前に、ロックンロールな先生がリーガルビジョンの風評被害を回復するための裁判の事前準備として仮差押を試みたが、裁判所から被害者(その事務所の依頼者)の預り金を差押えることになるが問題ないか等のくだらない指摘を受けている間に数十億円の金は海外に送金されてしまった。

預り金というのは弁護士の財産じゃないんだから、裁判所が問題視するのは当然でしょ?預り金が、弁護士(実質経営者)の財産だと思っているから、こういう思考回路になるんじゃないの?

 それに、松永弁護士が代表だった弁護士法人つくし法律事務所は社員の欠乏による、解散の後に清算から破産に至ったわけだから、本当にそんなことがあったのであれば、なぜ刑事告訴に至らなかったのか説明して頂きたいです。

一弁と東京ミネルヴァの破産管財人は、何よりも被害者救済を優先した行動をして欲しい。

川島弁護士は恐らく共謀していた暴力団かそれに類する半グレなどの輩に金を預けているはずだ。

本当にそうなら債権者集会でわかるでしょう。暴力団とお付き合いがあるのは、川島元弁護士では無い人でしょ(そうです、判決文に記載されていた人です)。

 そもそも、川島元弁護士が銭を持って逃げたのであれば、自分で弁護士会に事実関係を伝えられる訳ないでしょ?

先の事件のように金が流出する前に手を打って一円でも多くリーガルビジョンの被害回復に努めるべきであろう。

本音だと思いますが、感心しないよ。債務整理を依頼する人たちは、お金に困って依頼することぐらいわかるだろ?そのような依頼者らこそ救済されるべきじゃないのか?B型肝炎の給付金の件も同様でしょ?よく、ロックンロールな大先生に相談したほうがいいですよ。

 こんなコメントが寄せられてはいるが、リーガルビジョン関連法人の業務はしっかりとエスリアンに移管されているようだ。以下の参考リンクをご参照頂きたい。

【参考リンク】

株式会社エスリアン・採用求人情報

業務内容が 法律事務所・司法書士事務所・税理士事務所などに特化した広告制作や、不動産売却のサポートとなっています。

エスリアンという会社名で。テレアポしてきた

読んで字のとおりです

 リーガルビジョン関連法人を空洞化しているのは、コメントを寄せて頂いたお方の指摘のとおり、リーガルビジョンにクレームが殺到した事が原因であることは真実かもしれない。かつてのリーガルビジョンの本店所在地にはエスリアンと共にリーガルビジョン関連法人である株式会社東京ハウスパートナーも同居している事実からも、エスリアンがリーガルビジョン関連法人が行っていた業務を承継し営業していると考えることは当然であろう。

上記のような内容から考えれば断定はできないが法人格の濫用の可能性もあるのではないだろうか?ちなみに、詐害行為を手引きしたなどと内部告発がなされた弁護士さんの報道もある。

【参考リンク】

アウトサイダーズレポート 【ミニ情報】計画倒産疑惑の「デジックス」内部告発文書、有名ヤメ検弁護士「中村信雄」が詐害行為を手引きと指摘

 本当に東京ミネルヴァの「闇」は深いようだ、この「闇」に何があるのかを管財人や一弁は見極めるべく行動をお願いしたい。

“本当に面白いリーガルビジョン・東京ミネルヴァの内情を知ると思われる者からのコメント 実質的な後継法人の株式会社エスリアンも積極的に活動しているようですね ” への3件のフィードバック

  1. 鎌倉君、今日も荒れてるなw
    土曜日なのに御九郎さんw
    今日が何の日かわかるか?
    今日は世界で一番素晴らしい日だw
    来年からは国民の祝日になるよw
    盛大にやろうじゃないかw
    鎌倉君も来るか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中