登録後約2年で弁護士登録を抹消した岡山県弁護士会に所属していた元弁護士に盗撮で罰金60万円の略式命令 こんなことをするために弁護士になりたかったんですかね?

山陽新聞は18日付で「【独自】岡山の20代弁護士 事務所トイレで盗撮 罰金60万円略式命令」として以下の記事を配信した。

岡山弁護士会の20代男性弁護士が7月、当時勤務していた岡山市内の弁護士事務所の女子トイレで盗撮したとして、岡山県迷惑行為防止条例違反の罪で略式起訴され、今月9日付で岡山簡裁から罰金60万円の略式命令を受けていたことが17日、関係者への取材で分かった。男性は事件後に弁護士職を辞し、略式命令を受けた際は別の職業に就いていた。

 起訴状によると、正当な理由がないのに7月30日午後2時から3時ごろの間に2回、事務所2階のトイレにあらかじめ設置した小型カメラで、同じ事務所の女性職員2人の臀部(でんぶ)などを撮影したとされる。

 関係者によると、女性職員がカメラを発見。男性がカメラの設置を認めたため、事務所側が翌31日に岡山県警に通報したという。県警は10月16日に男性を書類送検し、岡山区検が今月2日に略式起訴していた。

 男性は2018年に弁護士登録し、同事務所の勤務弁護士として活動。事件発覚後に同事務所を懲戒解雇され、数日後に自ら岡山弁護士会に退会の届け出を提出、8月28日に弁護士登録を取り消された。

引用以上

 この弁護士さんは自分の所属する事務所で盗撮を行ったわけである。同僚であり弁護士であるこのM弁護士の卑劣な犯罪に被害者の方は大変なショックを受けたものと思われるし、いわゆる「ボス弁」もこんなことが起きるなど思わなかったと思われることから、大きなショックを受けたであろう。

 この略式命令を受けたM元弁護士は岡山大学法科大学院卒であり、そこから岡山の有力事務所に加入したわけであるが、自らの卑劣な欲望を自制できなかった事から、今までの弁護士になるための努力を無駄にして、親や親族からの期待などすべてを裏切ることになったのである。

 この手の盗撮や性犯罪を行ってしまう弁護士も一定数存在し、犯罪ではなくとも顧問先からの「肉弾接待」を受けているという、芸能関係の顧問などを数多く行っている有名弁護士の情報も寄せられている。弁護士も人間である以上は、下劣な欲望を持つこともあるかもしれないが、その欲望を自制できずに実行すれば、どんなことになるかを誰よりもよく理解する職業のはずなのであるが、それでも自制ができないということは弁護士不適格者であることを自ら証明する行動なのである。だからこそ、M弁護士も早々に弁護士登録を抹消したのであろう。ほとぼりが冷めてからも再登録など画策しないよう、M弁護士にはお願いしたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中