玉里友香弁護士(第一東京)の懲戒処分の要旨 結構な事をしでかしましたが、これで2か月なら安いでしょう

自由と正義11月号に良くも悪くも有名な玉里友香弁護士(第一東京)の懲戒処分の要旨が公表されていたので以下に引用する。

1 処分を受けた弁護士

  氏名           玉里 友香       登録番号           39962

  事務所 東京都中央区銀座8-14-11

      ワイエヌ銀座ビル10階FAS-A レアーナ法律事務所

2 処分の内容 業務停止2月

3 処分の理由の要旨

  • 被懲戒者は、株式会社Aの代表取締役B及びCが解任され、Dが代表取締役であるとの認識の下に、A社の代理人として、その債権者らに対し、2014年1月29日に、Dが代表者である旨記載した支払猶予を求める内容の通知書を送付しておきながら、同年3月5日にDから話を聞いたときには、Dら新経営陣の都合から、B及びCが取締役に留任しておりDが代表取締役を辞任したと主張することにしたことを認識しながら、特に事実関係を問いただすことも異を唱えることもせず、同月7日、B及びCに対して、A社の代表取締役又は取締役としての職務一切を放棄しているなどとする上記通知書と矛盾する内容の各通知書を送付し、また、A社の債権者に対し、同年4月3日、A社に対する債権の支払いに関して、代表取締役であるBの代理人に対して問い合わせをするように依頼する旨の通知書を送付した。
  • 被懲戒者は、Eを原告、株式会社Fらを被告とする建物明渡請求訴訟事件の訴訟上の和解が成立した後、2015年10月15日頃、上記和解内容に不満があるとするF社から上記和解の無効等の相談を受け受任したが、F社の代理人として上記和解の無効を主張する請求異議の訴えにおいて提出した同年12月18日付け訴状訂正申立書に、相応の根拠がないにもかかわらず、上記和解成立当時Eの代理人であった懲戒請求者G弁護士とF社の代理人であったH弁護士が「内通しており、馴れ合い的な関係にあった」などと記載し、懲戒請求者G弁護士の名誉を著しく毀損した。
  • 被懲戒者は、2016年2月5日、上記(2)の事件に係る建物に関する賃料減額等について、正当な理由がないにもかかわらず、Eの代理人である懲戒請求者G弁護士の承諾を得ないで、E及びEの関係者らと面談し直接交渉を行った。
  • 被懲戒者の上記(1)の行為は弁護士職務基本規程第31条に、上記(2)の行為は同規定第6条及び第70条に、上記(3)の行為は同規定第52条に違反し、いずれも弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
  • 処分が効力を生じた年月日 2020年3月26日

引用以上

懲戒事由が3つもあり、その事由が

第三十一条 (不当な事件の受任)

弁護士は、依頼の目的又は事件処理の方法が明らかに不当な事件を受任してはならない。

第六条   (名誉と信用)

弁護士は、名誉を重んじ、信用を維持するとともに、廉潔を保持し、常に品位を高めるように努める。

第七十条  (名誉の尊重)

弁護士は他の弁護士、弁護士法人及び外国法事務弁護士(以下弁護士等という)との関係において、相互に名誉と信義を重んじる。

第五十二条 (相手方本人との直接交渉)

弁護士は、相手方に法令上の資格を有する代理人が選任されたときは、正当な理由なく、その代理人の承諾を得ないで直接相手方と交渉してはならない

 とう内容であり、「不当な事件の受任」による懲戒処分というのは極めて珍しいことや、不動産明渡訴訟の訴訟上の和解に対する請求異議を玉里弁護士は提起した中での相手方との直接交渉や、代理人弁護士の誹謗中傷というのも相当悪質ではないかと思うのであるが、これで業務停止2月とはいかにも「安い」と思われる。

 正直なところ、不当な事件の受任と判断された、上記懲戒処分の要旨の(1)の内容は何でこんなことをしたのか全く理解できない内容であるし、訴訟上の和解の無効を主張することが、どれだけ困難であるかは玉里弁護士も充分に理解していたと思われるが、そんな中で、その事件に伴う賃料減額交渉において相手方と直接交渉を行う事に踏み切る弁護士は滅多にいない事は間違いないだろう。それに、相手方の代理人を「内通しており」「馴れ合い的な関係にあった」と断じることも相当な勇気と覚悟が無ければできないような内容だと思うのであるが、玉里弁護士は敢然とそんな主張をしたわけだが、何らの証拠も無かったからこそ、上記のような判断がなされたのであろう。

 玉里弁護士は、以前にもお伝えしたが、ある意味有名な弁護士である。

【参考リンク】

よくも悪くも有名な玉里友香弁護士(第一東京)に業務停止2月の懲戒処分 ところで銀座の事務所には3つの法律事務所が存在していますが、これはどういう事なんですかね?

 上記の懲戒事由の発生時には玉里弁護士は「レアーナ」ではなく「MIKATA」法律事務所という名称で、積極的に情報商材の返金についての広告を配信していたわけだが、この事務所の所在地は「東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12階」所在のレンタルオフィスだったわけである。レンタルオフィスでの弁護士としての執務は結構大変なような気がするが、玉里弁護士そんな環境の中で上記の懲戒事由となるような行為を行っていたわけであり、様々な意味で興味は尽きない。25ansビューティーメダリスト審査員であったという玉里友香弁護士(25ansのサイトに掲載されていた玉里弁護士の記事は削除されていました)が今後どのような弁護士活動を行うのか注目していきたい。

“玉里友香弁護士(第一東京)の懲戒処分の要旨 結構な事をしでかしましたが、これで2か月なら安いでしょう” への 1 件のフィードバック

  1. どうした鎌倉君?元気ないなw
    いつもならオレのコメントに噛みついてくるくせにw
    まぁ、LVグループの件で大きなミスを犯したからなw
    川島君の作り話を信じるなんて恥ずかしいw
    人間誰でも間違える。
    そんな鎌倉君にも会長様は寛大だぞw
    明日から会長様の誕生祭までに10回会長様を称える記事を書こう。
    楽しみにしてるよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中