会派の金を使い込んで退会命令を喰らった吉村卓輝弁護士(大阪)を預り金から800万のカッパライ容疑で逮捕 使途は事務所の運営費と遊興費ということですが会派からカッパライした銭は返しても依頼者の銭は返さない事に理不尽さを感じます

産経新聞は27日付けで依頼人からの預かり金着服容疑で弁護士を逮捕 大阪」として、以下の記事を配信した。

依頼人から訴訟に関する供託金として預かっていた現金を着服したとして、大阪府警は27日、業務上横領の疑いで、大阪弁護士会所属の弁護士だった吉村卓輝(たかてる)容疑者(38)=大阪市北区=を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。府警は、着服した金の使途などを調べる。

 捜査関係者によると、吉村容疑者は昨年初めごろ、兵庫県内の70代女性から供託金として預かっていた現金800万円を着服した疑いが持たれている。容疑を認めているという。

 関係者などによると、女性は不動産会社側に貸した金の返済をめぐってトラブルとなっており、平成29年夏ごろ、吉村容疑者に返還請求などの弁護士業務を依頼した。

 吉村容疑者は、訴訟関連の手続きのために必要な供託金として800万円を女性から預かり、法務局に供託。その後、不動産会社側との和解が成立したため、法務局から供託金が返ってきたにもかかわらず、女性に渡さなかったという。

 吉村容疑者は今回の逮捕容疑とは別に、弁護士が任意加入する会派の口座から計約1980万円を横領したとして今年9月、大阪弁護士会から退会命令の懲戒処分を受け、現在は弁護士としての活動はできない状態という。同会などによると、当時、会派の会費徴収などを担当しており、横領した金は経営難だった自身の事務所の運営費や遊興費に使っていたという。

引用以上

 上記の引用記事のとおり、吉村弁護士は所属会派の銭を2000万円近くカッパライして退会命令を喰らったわけだが、会派には全額被害弁償を済ましているのである。

【参考リンク】

会派の資金を使い込んだ吉村卓輝弁護士(大阪)に退会命令の懲戒処分 依頼者のカネを使い込んでも退会命令には至らない場合もありますが、会派のカネを使い込めば弁護士会は厳しい処分をするという事のようです

 ところが、今回保全事件から依頼を受けたと思われる案件においては、勝手に供託金を取り戻し、事務所運営費や遊興費に使っていたわけである。釈然としない気持ちになるのは筆者だけではないだろう。

 供託金が800万もかかる保全事件ということは、依頼者はおそらく4000万円程度の債権を請求し和解に至ったようなので、吉村弁護士は、それなりの報酬も貰っていたはずである。それにも関わらず供託金800万をカッパライしたのであるから相当「カネに追われて」いたことは想像に難くない。

 依頼者のカネをカッパライしたとされる、平成29年には吉村弁護士は会派のカネもカッパライしているわけであり、この時期に何か大変な事をしでかしていた事は明らかだろう。大阪弁護士がその事実を知っているのであれば、しっかりと公表して欲しいと思う。すでに同会を退会させられているから、大阪弁護士会とは関係がないでは済まないのである。

 吉村弁護士は被疑容疑を認めているとのことなので、全ての真実を捜査機関に申し述べて、被疑容疑以外にもカッパライを行ったのであれば、その事実もしっかりと申し述べて罪を償うべきだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中