勾留中の詐欺師から接見室で指示を受けて、架空会社への振り込みのメールを送信し被害を発生させた牧野孝二郎弁護士(東京)に業務停止2月の懲戒処分 まともな判断力に欠けているとしか思えません。

 産経新聞は9日付で「詐欺容疑者指示で出資募る 弁護人が接見室からメール」として以下の記事を配信した。

 弁護人を務めた詐欺事件の容疑者から指示され、架空会社への出資を募るメールを送信したとして、東京弁護士会は9日、所属する牧野孝二郎弁護士(33)を業務停止2カ月の懲戒処分とした。メールの受信者は容疑者が管理する口座に現金500万円を振り込み、詐取された。

 弁護士会によると、牧野弁護士は平成28年5月、警視庁築地署で容疑者と複数回接見。容疑者のパソコンを持ち込み、指示通りに架空の特定目的会社(SPC)への出資を呼び掛けるメールを送信した。指示に従った理由は不明という。

 弁護士会は「詐欺行為を知りながら加担したとまでは認められないが、結果は重大」と判断した。牧野弁護士と被害者の間で、既に示談が成立したとしている。

 また、東京弁護士会は9日、遺産分割事案で適正な職務を怠ったとして、所属する赤瀬康明弁護士(42)を業務停止2カ月の懲戒処分とした。

引用以上

 この報道では牧野弁護士が詐欺師の指示でメールを送信した理由を「不明」としており、東弁の判断としては「詐欺行為を知りながら加担したとまで認められない」としたとされているが、まず詐欺師の指示に従った理由が「不明」という事はないだろう。銭のためか、勾留中の詐欺師もしくは、この詐欺師の周辺の詐欺集団に「飼われて」いるから逆らえなかったというのが事実だろうと思われる。また、現在勾留中の被疑者から聞き取りをしてメールを牧野容疑者は接見室で送ったのであろうから、詐欺師が振り込みを指示したSPCについていかなる目的であるかや、投資を求める人物がどのような人物かぐらい聞き取りをして行うはずである。そんな聞き取りもせずに、詐欺師の指示に盲従したのであれば、相当のアホなのか、詐欺集団お抱えと考えるのが自然であろう。

 このような詐欺集団の指示に従い、犯罪の上位者から連絡を携帯電話で勾留中の容疑者に行ってくれる犯罪集団にとって頼りになる弁護士として猪野雅彦弁護士(二弁)や張学錬弁護士(東京)が存在するが、張弁護士は現在長期の業務停止中であり復活の目途は立たないし、猪野雅彦弁護士は絶えず「カネに追われ」犯罪集団の顔色をうかがいながら資金繰りを行っている。牧野弁護士もそんな状態になりたくないのであれば、詐欺集団との間の縁を切るべきであろう。

 弁護士不祥事の端緒が刑事弁護を行った被疑者・被告人との交友により「溶かされる」ことであることも多い。まじめに勉強して司法試験に合格した世間を知らない弁護士を「溶かす」事など詐欺師や犯罪常習者には訳もないことである。

 もっとも「ロックンロール」な弁護士のように犯罪集団からキッチリ上前をはねて、実質的な犯罪の幇助を行う弁護士もいる。詐欺が職業の原親子の頼りにするヤメ検も同類である。

 刑事弁護士を行う際に、被疑者・被告人の利益を図ることは当然であるが、犯罪を幇助することとは全く異なることぐらい、どんな弁護士でも理解できているはずである。本来は犯罪を幇助するような弁護士らには即時に退会命令・除名の処分を下せるようにするべきだと思われるが、「弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治」は、そんな事は絶対にしないでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中