上級暴走老人飯塚幸三は過失運転致死罪について無罪を主張 同様の罪を犯したヤメ検石川達紘(求刑禁固3年)と同じく車に欠陥との主張をしています 

時事通信は8日付で「元院長が無罪主張 母子死亡の池袋暴走事故 過失運転致死傷・東京地裁」として以下の記事を配信した。

東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走して松永真菜さん=当時(31)=と娘の莉子ちゃん=同(3)=が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。

 同被告は起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 飯塚被告は罪状認否で「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が生じ、暴走した」と過失を否定した。一方、「松永さんとご親族に心からおわびします。最愛のお二人を亡くされた悲しみと心痛を思うと、言葉がございません」と陳謝し、被害者参加した夫拓也さん(34)に向かい、頭を下げた。

 検察側は冒頭陳述で「車は2008年に新車で購入して半年に1回点検を受け、昨年3月中旬の点検でブレーキやアクセルペダルの異常は確認されなかった」と主張。同月下旬に被告の息子が運転した際も異常はなかったと述べた。

 事故当日もペダルの異常を示す故障記録は残っておらず、後続車の運転手は、事故直前に被告の車が車線変更を繰り返しながら加速し、ブレーキランプは点灯しなかったのを目撃したと指摘した。

 弁護側は、事故は制御システムの異常が原因で、過失運転罪は成立しないと主張した。

 飯塚被告は黒のスーツ姿で、車椅子で出廷した。拓也さんは検察官の隣で、メモを取りながら時折険しい表情を見せ、ハンカチで涙を拭う場面もあった。

 起訴状などによると、飯塚被告は昨年4月19日、東京都豊島区の都道を走行中にブレーキと間違えてアクセルペダルを踏み続け、時速96キロまで加速。赤信号を無視して横断歩道に突っ込み、松永さん母子をはねて死亡させたほか、同乗していた自身の妻を含む計9人に重軽傷を負わせたとされる。

 飯塚被告自身も胸骨などを折る重傷を負い、約1カ月間入院した。警視庁は任意で捜査を進め、昨年11月に飯塚被告を書類送検。東京地検が今年2月に在宅起訴した。 

引用以上

 飯塚被告は本当にアクセルを踏み続けたことが無いと記憶している可能性もあるとは思われる。しかしそうだとしたら、それは「ボケ」の症状であろう。検察側の指摘のとおり事故直前には飯塚被告は車線変更を繰り返しながら加速し、ブレーキランプは点灯しなかったのを目撃したと指摘しているとおり、危険回避の行動を行っているとは思わないのであるから、飯塚被告主張の「車の制御装置の異常」という内容はにわかに信じられない事は当然なのである。

 そういえば、遅れてきた青春を楽しんでいた事から、のぼせ上ってレクサスを暴走させ人を轢き殺してしまった、石川達紘(第一東京)弁護士も、飯塚被告と同じように「天地神明に誓ってアクセルぺダルは踏んでいない」と無罪主張を行っている。この事件では既に石川弁護士は禁固三年の求刑がなされており、石川弁護士の主張について被害者遺族が「裁判で『私も被害者だ』などと話しており、胸をえぐられるようだった。せめて今後、二度と人を傷つけ悲しませないでほしい」と法廷で陳述した事も、10月2日付で産経新聞が以下のとおり報じている。

元特捜部長に禁錮3年求刑 遺族「二度と傷つけないで」

 乗用車で歩道に突っ込み男性をはねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(過失建造物損壊)の罪に問われた元東京地検特捜部長の弁護士、石川達紘(たつひろ)被告(81)の論告求刑公判が2日、東京地裁(三上潤裁判長)で開かれた。検察側は「車を暴走させた過失は極めて大きい」として禁錮3年を求刑した。

 弁護側は車の不具合が原因と訴え、石川被告は初公判で「天地神明に誓ってアクセルぺダルは踏んでいない」と無罪を主張していた。

 検察側は論告で、車の故障は一切見つからなかったと指摘。エンジンを止めずパーキングブレーキをかけただけで降車しようとした際、誤って左足でアクセルを踏み込んだと主張した。

 法廷では、死亡した男性の妻が意見陳述し、被告について「裁判で『私も被害者だ』などと話しており、胸をえぐられるようだった。せめて今後、二度と人を傷つけ悲しませないでほしい」と声を震わせた。車が突っ込んだ店舗兼住宅の男性は「生活と思い出を一瞬で奪われた。心からの謝罪が一度もなく許せない」と悔しさをにじませた。

 起訴状によると、石川被告は平成30年2月18日、乗用車を急発進させ、約320メートルにわたり時速100キロを上回る速度で暴走し、東京都港区の歩道上にいた男性=当時(37)=をはねて死亡させ、店舗兼住宅に突っ込んだとしている。

 石川被告は元年に東京地検特捜部長に就任。福岡、名古屋の両高検検事長を経て13年に退官した。

引用以上

 飯塚被告にしても石川弁護士にしても被害者らからすれば、自己保身に終始し誠実な謝罪をせずに、「自分も被害者」であるような主張をすることに相当なショックを受けたことであろう。上述のとおり飯塚被告も石川弁護士も「ボケ」で被疑容疑の内容を本当にスッカリお忘れになっているのかもしれないが、そんな状態の人間たちが自動車を運転すること自体が問題であろうし、2人とも「ご立派」な人間であるとお国に認められていた人たちなんだから、晩節を無理筋の主張で汚すことは無いと思われる。

 飯塚被告の弁護人が誰であるかは筆者には分からないが、飯塚被告の運転していた自動車の「制御装置の異常」をどのように立証するのか注目していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中