藤田和史弁護士(第一東京)の周囲に群がる事件屋たち

藤田和史弁護士はテキシアジャパンやインチキ仮想通貨WFCコインにアロハコインなどの代理人を務める、その手の業界にお詳しい弁護士であり、太陽光発電事業の資金調達から、高利貸に事件屋からも信頼が厚かったようである。

 しかしながら連絡不能の状態が多い事から、一部のシンパからは不興をかっており、裁判所から受任事件についての連絡がつかないなどとして、有名になってしまっている状況のようだ。

【参考リンク】

連絡不能の弁護士は藤田和史弁護士(第一東京)、第一東京弁護士会は直ちに相談窓口を開設するべき

こんな状態の藤田弁護士の「バッジ」を利用すべく、事件屋らが小銭を藤田弁護士に投げて事件の弾除けに使おうという動きがあるとの情報も寄せられた。最も、藤田弁護士自体が怪しげな連中に金策を依頼しているとの話も寄せられている。

 藤田弁護士にどんな事情があるのかは分からないが、いまの事務所は仮想通貨の事務所(アロハコイン)に存在するわけであり、早くそんな連中から逃れて(金でも引っ張っていたらそうはいかないでしょうが)真面目にやり直すべきではないかと思われる。このままでは群がってくる事件屋らの小銭が原因で弁護士資格を失うことになりかねない事を自覚するべきであろう。

 第一東京弁護士会は、一刻も早く指導監督連絡権を行使し、藤田弁護士の現在の執務状況を確認し場合によっては早急に相談窓口を開設すべきであろうと思われる。

 「カネに追われた」弁護士の末路を当サイトは何度も取り上げてきた。藤田弁護士に弁護士としての誇りが残っているなら、現在の状況を自ら全て所属会である第一東京弁護士会に報告すべきであろう。

“藤田和史弁護士(第一東京)の周囲に群がる事件屋たち” への 1 件のフィードバック

  1. またまた、リーガルビジョン問題から逃げたねw
    ビビってるなら早く泣き入れろよ、弱虫ちゃんw

    藤田?もうコイツ終わってるだろ?
    こんな記事意味ねえよ
    使えねえなw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中