遺言書の偽造は寺岡良祐弁護士(兵庫県)自らの指示であったそうで、動機は安定した収入のためとのことです。収入になっても資格を失う事には気付かなかったわけが無いと思うので、動機は別であると思われます。

NHK兵庫NEWSWEBは25日付で「遺言書偽造 起訴内容認める」として以下の記事を配信した。

相談者からの依頼で、亡くなった親族の遺言書を偽造するなどした罪に問われている兵庫県弁護士会の弁護士の裁判が神戸地方裁判所で始まり、弁護士は起訴された内容を認めました。

兵庫県弁護士会に所属する弁護士、寺岡良祐被告(43)は、依頼を受けた洲本市の相談者など2組4人に、それぞれの亡くなった親族の遺産を相続させるなどの目的で遺言書を偽装し、ことし2月と6月に裁判所に提出したとして、有印私文書偽造などの罪に問われています。

神戸地方裁判所で開かれた25日の初公判で、寺岡被告は「間違いありません」と起訴された内容を認めました。検察は冒頭陳述や証拠調べのなかで、「おととしごろから早く安定した収入を得たいなどとして、相談者に偽造を勧めるようになった。被告は『よほどのことがない限り筆跡鑑定は行われない。偽装とは分からない』などと話し、相談者は被告が作った案に従って遺言書を偽造した」と指摘しました。

一方、弁護側は「被告は報酬や相談料として1800万円余りを得たが、すでに全額返還している。また、弁護士の資格を返上する手続を取っている」と述べました。

次回の裁判は来月30日に行われる予定です。兵庫県弁護士会では、資格返上の手続きとは別に懲戒処分のための手続きを行っているということです。

引用以上

 寺岡弁護士は自ら相談者に遺言書の偽造を勧めていたという。その動機は、「早く安定した収入」のためだというが、俄かには信じられない動機である。

 安定した収入というか、「法外」な収入を得たとしても、今回のように遺言の偽造が発覚すれば弁護士資格を喪失するであろうことぐらい分かっていたと思うからだ。おそらく寺岡弁護士は、こんな犯罪行為を行わなければならない理由が有ったはずであり、端的に言えば「銭がいる」ことがあったからこそ、犯罪に手を染めたのであろう。

 また、遺言の内容や相続財産次第では不動産登記なども発生するわけであり、遺言の作成にあたり寺岡弁護士に「協力」をしていた司法書士などもいるかもしれないと筆者は考えている。

 それにしても、こんな犯罪行為を行って1800万円をもらって資格を失うのであれば割に合わないはずだ。何故にこんなバカなことをしたのかを寺岡弁護士は正直に答えるべきであろう。

 兵庫県弁護士会は、懲戒手続きを行っているとのことだが、懲戒だけでなく寺岡弁護士の業務全般を調査し、このような犯罪行為の動機がどこにあったのかを調査し、国民に公表すべきだろう。

“遺言書の偽造は寺岡良祐弁護士(兵庫県)自らの指示であったそうで、動機は安定した収入のためとのことです。収入になっても資格を失う事には気付かなかったわけが無いと思うので、動機は別であると思われます。” への 1 件のフィードバック

  1. 最近、リーガルビジョンの投稿ないな。ロックンロールな先生にガツンと言われてビビったか?喧嘩弱いんだから大人しくしとけや。お前と児島さんじゃ器が違うんだよw

児島神道 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中