職務を放棄し連絡不能でも業務停止1月で済んでしまう弁護士自治 春明航太弁護士(長崎)に業務停止1月の懲戒処分 同じように職務放棄を得意技とする欠陥弁護士にも勇気を与える処分ですね

NHKNEWSWEB長崎は9日付で「弁護士が職務放棄か弁護士会処分」として、以下の記事を配信した。

長崎市の33歳の弁護士が、裁判で国選弁護人に選ばれたにも関わらず、職務を放棄するなどしたとして、県弁護士会は、この弁護士を業務停止1か月の懲戒処分としました。

懲戒処分となったのは、長崎市万屋町で弁護士事務所を経営していた春明航太弁護士(33)です。長崎県弁護士会によりますと、春明弁護士は、おととし3月、裁判員裁判の国選弁護人に選ばれたにもかかわらず、途中から連絡に応じず、職務を放棄するなどしたとして、ともに国選弁護人に選ばれた弁護士などから、あわせて5件の懲戒請求をされたということです。

県弁護士会は懲戒請求を受け、調査をしてきましたが、春明弁護士の行為は弁護士としての品位を失った非行にあたるとして、9日付けで業務停止1か月の懲戒処分としました。

県弁護士会は、春明弁護士と現在連絡が取れず、処分を本人には伝えられていないということです。また、春明弁護士については、懲戒請求のほか、県弁護士会に去年までに30件以上の苦情が寄せられているということです。

長崎県弁護士会の中西祥之会長は「関係者の方々に多大なご迷惑をおかけして誠に申し訳ありませんでした」と陳謝しました。

引用以上

 現在も連絡不能であり、30件以上の苦情が寄せられている弁護士を放置していた長崎県弁護士会には呆れるしかない。これは懲戒処分の事前公表ないしは、多数の苦情が寄せられており現在登録場所においては連絡が不能である旨を告知することが必要だったのではないかと思われる。

 それにしても、国選弁護を放置して1か月のお休みで済むとは「弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治」を体現しているとしか思えない。被疑者被告人からしたら唯一の味方になってくれる人物かもしれない弁護人が連絡不能となってしまえば絶望しか感じないだろう。

 職務を放棄し連絡不能になり多くの苦情が寄せられていても、大した処分を受けない事に勇気をもらう同様の職務放棄を得意技とする欠陥弁護士も多いと思われる。藤田和史弁護士(第一東京)も、登録先の事務所に連絡をしても応答がない事が話題になっている先生だが、今回の春明弁護士への処分の軽さに安堵しているのではないだろうか。

【参考リンク】

連絡不能の弁護士は藤田和史弁護士(第一東京)、第一東京弁護士会は直ちに相談窓口を開設するべき

 なんにしても、弁護士の職務放棄は社会に害を与えるだけである。あまりにも甘い処分には感心しないし、連絡不能となった弁護士については所属会が公表するような制度を作るべきではないかと筆者は思う。

“職務を放棄し連絡不能でも業務停止1月で済んでしまう弁護士自治 春明航太弁護士(長崎)に業務停止1月の懲戒処分 同じように職務放棄を得意技とする欠陥弁護士にも勇気を与える処分ですね” への 1 件のフィードバック

  1. 引き受けた仕事をしない弁護士、依頼人の金に手をつける弁護士。
    刑事事件にならないこういうのこそ弁護士自治で厳しく処罰すべき。一発アウトでもいい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中