DSCの脱税に加担したエスピーアンドコンサルティングの取締役を務めていた田中泰雄弁護士は、不倫慰謝料問題を最短即日解決してくるそうです。

DSCの悪質な所得隠し事件に加担したエスピーアンドコンサルティングの取締役に、所得隠しが指摘されていた時期に就任していた田中泰雄弁護士(埼玉)は、弁護士法人ライズ綜合法律事務所の代表弁護士である。

【参考リンク】

DSCの脱税事件に関与した共和アセット株式会社(旧称エスピーアンドコンサルティング)には、DSCの脱税に関与していた時期に2名の弁護士が取締役に就任していました。

 田中泰雄弁護士は、DSCの脱税に加担した法人の取締役に就任していたのだから、DSCや兒嶋会長様と深い関係がある事は確実であろう。

 そんな田中泰雄弁護士は、東京ミネルヴァの破産に至る経緯をどう考えているのであろうか?

 今回の東京ミネルヴァの破産も、ロイヤーズエージェントの取締役に就任していた川島弁護士が、リーガルビジョン等の法人群を支配する兒嶋会長様に「一連托生」と告知され、欠損した預り金などの実態を一弁に報告した事から始まった事案である。すでに指摘しているとおり、ロイヤーズエージェントには村越仁一(二弁 退会)や、東京ミネルヴァの社員弁護士であった河原正和弁護士(二弁)が所属していた事実が確認され、同社の所在地は村越が社員であったころの弁護士法人モントローズ法律事務所や東京ミネルヴァの所在地に本店所在地が存在していたのである。

 このような事実から考えれば、田中泰雄弁護士も東京ミネルヴァ同様に、リーガルビジョン等の支配下にあるように見られても仕方ないと思われる。

 ちなみに田中泰雄弁護士が代表であるライズ綜合法律事務所は「不倫・浮気の慰謝料請求を得意とする弁護士集団」であると銘打ち「最短即日解決」などと宣伝をしているが、それはいくら何でも誇大広告としか言えないだろう。相談者と面談・委任契約を取り交わし、その当日に解決が可能であるとは到底考えられないし、もしそのような事があったにしても「最短即日解決」と広告を打つことは、閲覧者に誤解を与えるものでしかないだろうと思われる。

【参考リンク】

「不倫・浮気の慰謝料請求を得意とする弁護士集団」 弁護士法人ライズ綜合法律事務所

 しかも相談フリーダイヤルは24時間365日受付しているとも記載されており、いったい誰が対応しているのかも気になるところだ。

 この広告の問題点は埼玉県弁護士会に判断をしてもらうべく情報提供を行う予定だが、田中泰雄弁護士には自らの声でエスピーアンドコンサルティングの取締役に就任した経緯及び辞任の経緯を語って欲しいと筆者は希望する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中