脇の甘い大阪弁護士会 職員が490万円を会から詐取したとして逮捕との報道 大阪弁護士会の会員は同会の管理責任を問うべきでしょう

MBSニュースは1日付で「“私的に買った物品”を備品の購入と装う 詐欺容疑で大阪弁護士会職員の男を逮捕」として以下の記事を配信した。

大阪弁護士会の48歳の職員の男が、私的に買った電子機器などの領収書を備品の購入費などと装い約490万円を弁護士会からだまし取ったとして、8月31日に大阪地検特捜部に逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、大阪弁護士会の職員・高田英基容疑者(48)です。特捜部によりますと、高田容疑者は去年6月から約1年間で、3回にわたり、私的に買った物品の領収書を業務上必要であるように装って弁護士会に複数回請求し、合わせて約490万円をだまし取った疑いがもたれています。

 弁護士会によりますと、高田容疑者はシステム関連の備品を購入したように装うなどして請求していましたが、実際には大量のタブレット端末を購入していたということです。別の職員が経費書類を不審に思い事態が発覚し、8月28日に弁護士会が刑事告訴していました。特捜部は認否を明らかにしていません。

 

引用以上

 

 大阪弁護士会は脇が甘いとしか言いようが無いだろう。この高田容疑者の経費書類に不審を抱いた職員以外は何らの不正にも気づかなかったのであろうか?システム関連の備品を490万円も購入するのであれば、一般企業であれば家族経営とかの企業以外では、稟議を行ったうえで購入を行うはずであろうと思われるし、大阪弁護士会においても購入品のチェックぐらい複数人で行うはずだと思われるからだ。

支払った会費をいとも簡単にカッパライされるようでは、大阪弁護士会の会員方も会運営の杜撰さに呆れている事と思うが、会費で大量のタブレット端末を購入していた高田容疑者は最終的に、その端末を販売することが目的であったと推測されることから、仕入れを実質的にゼロ円で行い、売却益を丸儲けしようと考えていたのであろう。

この犯罪行為はもちろん、高田容疑者が計画立案し実行したものと思われるが、同容疑者を実行に走らせた最大の原因は大阪弁護士会の経理がゆるいので、バレないだろうと思ったからであろうと思われる。弁護士会のカネに手を付けるような犯罪行為は前代未聞であろうし、大阪弁護士会が被害者であることは事実であるが、同会が世間に恥を晒したことも事実であろう。

大阪弁護士会の会員は、同会に対して、なぜこのような事件が発生したのか、管理責任を問うべきであろう。大阪弁護士会も今回の事件の事実関係について独自に調査し、なぜこのような事件が発生したのかを検証し、広く国民に公表すべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中