安倍首相の退陣表明 法治を歪めた「お友達主義」の安倍政権についての検証は必要でしょう それにしても野田聖子が自民党総裁選に出馬するらしいですが、ガクトコインの調査についての金融庁への圧力の全貌を自ら説明してからにしてほしいですね

28日に会見で、安倍首相は自らの病気を理由に退陣の意思表示を行った。安倍首相の退陣を受け御用メディアや安倍政権と密接な関係にあった吉本芸人たちが「お疲れ様と言おう」などとほざいているが、そんなことよりも法治を歪めたり、かつてないぐらいメディア対策を行った安倍政権の検証を行うことが必要であろう。

公文書が改竄され、自殺者まで出した森友学園問題や、特殊詐欺首魁の半グレの暴力団関係者山根真一やインチキ仮想通貨販売で財を成して安倍昭恵の「UZUハウス」に出資し、秋元議員の証人買収事件で逮捕起訴された淡路明人などがご出席遊ばされた犯罪者顕彰のかいと思われても仕方のない「桜を見る会」の問題や、自ら過ちであったことを認めている「アベノマスク」の配布などが如何にして行われたのか、なぜ公文書が改竄されたり廃棄されたのかをしっかりと検証すべきであろう。

アベトモの提灯持ちの自称ジャーナリストのレイプ事件における、中村恪による突然の逮捕中止の指令や、インチキ人事で検事総長に据えようとしていた黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャンによる辞職問題のデタラメな幕引きなど枚挙にいとまがない「アベトモ」と安倍のデタラメな行為をすべて検証すべきなのである。

メディアでは「株価が上がった」「失業率が下がった」「デフレ傾向を緩和させた」などを「安倍政権の功績」と述べているが、株価など上がっても一般国民の生活には何らの影響もなく、年金運用の「お手盛り」のための「官製相場」でしかないと思われるし、非正規雇用が大量に増えている現在の状況からすれば、安倍政権の経済政策は大企業優先であり、国民の生活を考えているとはいいがたいだろう。昨年の消費税増税も、一般国民には負担になるだけであり、法人税を増額したほうがよほどよかったと思われるのである。

「外交の安倍」というような忖度的な報道も多いが、TPPの締結はなされたがアメリカは参加せず、ロシアとの関係においても北方領土の2島返還は可能のような報道が繰り返されたが結局プーチンには相手にされず、対中関係においても決して中国が安倍に一目置いているわけではなく、愚鈍な指導者である安倍が首相であるほうが中国にとっては利益であったからこそ、安倍の退陣について「残念」と表現しているわけで、国際的に安倍が信用されているわけでもなく、特段の功績もないが、外遊だけは何度も繰り返した安倍を御用メディアが「外交の安倍」とヨイショしているだけなのである。

まぁ安倍首相には今後は養生をしてもらい、健康を回復させて頂き自分の行ったことをぜひ自叙伝にでも書いてほしい。

後任の首相は、自民党総裁選で決まるようだが、元暴力団員が夫であり、その夫からのルートから依頼され金融庁に「ガクトコイン」への調査・処分に対して圧力をかけた野田聖子が総裁選に出馬するらしいが、野田に関する報道を行う際には必ず「元暴力団員が夫である野田聖子議員」と紹介をおこなうべきなのである。夫が完全に暴力団を抜けて足を洗っているならともかく、以下のようにインチキ仮想通貨に一枚嚙んでいるわけであるから、野田聖子は今後も同じような行動を取る可能性も強いことから政界から永久追放すべき人物なのである。

【参考リンク】

野田聖子の夫は仮想通貨「胴元」

 

 野田が自民党総裁選に出馬するのであれば、自ら「GAKUTOコイン」についての金融庁の調査への圧力を掛けた理由などを自ら国民に説明してからにして欲しいと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中