セコすぎる弁護士会のお偉方たち 神奈川県弁護士会の元会長様や日弁連の会長様の厚生年金未加入問題について

産経新聞は「日弁連会長らも厚生年金未加入」として11日付で以下の記事を配信した。

 

神奈川県弁護士会の会長が厚生年金の加入漏れを年金事務所に指摘された問題で、日本弁護士連合会(日弁連)の会長らも日弁連から報酬を受けながら、厚生年金に加入していないことが11日、日弁連への取材で分かった。厚生労働省は「法人から報酬を得ていれば社会保険に加入しなければならない」としており、日弁連は「対応を検討したい」としている。

 神奈川県弁護士会の加入漏れ問題を内部で検討したワーキングチームが「日弁連や他の会に(問題が)波及することは明らか」との見解を出していたことも判明。他の弁護士会でも会長らの加入義務の問題が浮上する可能性がある。

 日弁連は会長1人と副会長15人を置き、内規上の報酬は会長が月105万円、副会長が月50万円だが、現会長や副会長は厚生年金に加入していないという。

 担当者によると、会長らは加入義務のある「使用されるもの」に該当しないと考えられていた上、自身の事務所の業務も続けており、任期中だけ厚生年金に入る対応はとらなかったとみられる。

 ただ、担当者は「今の対応でいいのか検討、整理することも必要と感じる」とし、「厚労省と相談するなどしたい」と述べた。

 厚労省年金局の担当者は「法人の代表でも、法人組織と使用関係があり労働の対価で報酬を得ていれば、厚生年金に加入する義務がある」と指摘。期間が限定的でも「免除する決まりはない」としている。

 神奈川県弁護士会の問題をめぐっては、会長の加入漏れを指摘された弁護士会が、厚生年金に1年間だけ加入させた場合、年金の切り替えに伴って会長に不利益が出ると判断。会長が報酬を全額返上する一方、退任後に報酬と同額の顧問料を支払うよう決議した。

 関係者によると、弁護士会の設置したワーキングチームが、厚生年金に未加入のまま報酬を支給すれば「罰則が適用される可能性もある」「再度事務所の指摘を受ければ批判を免れない」との見解をまとめた。

 さらに「当会が(加入の要否などを)争って一定の結論が出れば、日弁連や他の会に波及することは明らか」とも言及。執行部はこの検討結果を会員に説明し、顧問料の支払いに理解を求めたという。

 

引用以上

 

引用記事中にあるとおり、神奈川県弁護士会の元会長様は厚生年金への加入を潜脱するために、「報酬」を返上し「顧問料」に振り替えて事実上の会長報酬をもらっていたわけであり、言い訳として厚生年金に1年間だけ加入させた場合、年金の切り替えに伴って会長に不利益が出るなどと言っているわけだが、ずいぶんとセコい方であるようだ。大体、報酬と顧問料というのは性質が違うわけで、神奈川県弁護士会の元会長様は会長としての「報酬」をもらっていたんだから「顧問料」として処理するのは単なる潜脱行為であろう。悪法もまた法なりということを、一番よく理解する弁護士会の会長様が、こんなことをするとは驚くばかりだ。

神奈川県弁護士会の有志は、この厚生年金加入を潜脱するための「顧問料」の支払いの根拠となっている神奈川県弁護士会と元会長様の間の「顧問契約」が無効であることを確認する旨の訴訟を提起している事が明らかになっている。

 

【参考リンク】

神奈川県弁護士会所属 有志弁護士のページ

 

上記のサイトで訴状か公開されているので、興味のある方は是非ご覧いただきたい。

日弁連においても、会長らには厚生年金への加入義務は無いとの判断をしているようだが、上記の訴状の結語に記載のある「弁護士自治というものは、基本的人権を擁護し、社会正義を実現するという使命を全うするため,いかなる権力にも屈しない、ということを意味するものであって、弁護士や弁護士会が法で定められている義務を無視・潜脱をすることを許容するものではない」という主張を真摯に受け止めるべきであろう。そもそも厚生年金の支払いをケチりたいような高級かつ吝嗇な大先生様は、各単位弁護士会・日弁連の役員になどならないように、お勧めしたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中