「アベトモ」の仮想通貨詐欺の淡路明人と、自衛隊名簿流出を唆した佐藤文彦を偽証依頼で逮捕 「カネの亡者」は死んでも更生しないことが証明されました 

産経新聞は『「300万円渡していないと証言すれば金渡す」 偽証依頼疑いで3人逮捕 IR汚職 東京地検特捜部』として4日付で以下の記事を配信した。

 

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員、秋元司被告(48)に「現金300万円を手渡した」と供述していた贈賄側に対し、秋元被告の支援者の男らが「渡していないと証言すれば金を渡す」と偽証を持ちかけた疑いのあることが4日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は同日、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で、男ら3人を逮捕した。

 逮捕されたのは、東京都中央区の会社役員、佐藤文彦(50)と同港区の会社役員、淡路明人(54)、那覇市の会社役員、宮武和寛(49)の3容疑者。特捜部は同日、東京都港区や沖縄県内などの関係先を家宅捜索した。秋元被告は300万円の受領を一貫して否認しており、特捜部は今後、秋元被告の関与の有無についても慎重に捜査を進めるとみられる。

 佐藤、淡路両容疑者の逮捕容疑は共謀して6月27日、那覇市内のホテルで、贈賄側の中国企業「500ドットコム」元顧問、紺野昌彦被告(48)に、法廷で秋元被告に有利な証言をするよう求め、報酬として、現金1千万円を、7月22日には現金2千万円の支払いを申し込んだとしている。宮武容疑者は仲里勝憲被告(48)に数百万円の提供を申し込んだとしている。

 秋元被告は、IR事業への参入を目指していた「500」社側から、旅行代金など総額約760万円相当の賄賂を受け取ったとして2月までに起訴された。保釈後の会見で「起訴された事実すべてを否認して無罪を主張していく」と述べ、公判で検察側と全面対決する姿勢を示していた。

 このうち、平成29年9月に衆院議員会館の事務所で受け取ったと起訴時に認定された300万円については「受け取った事実は絶対にない」と主張。一方、紺野被告と仲里被告は特捜部の調べに「紙袋に入れて手渡した」と供述していた。

 

引用以上

 

この事件の逮捕者のうち、淡路容疑者は「桜を見る会」にもご出席あそばされた御仁であり、仮想通貨をネタにした詐欺師である。昭恵の「UZUハウス」にもご出資なされたとの報道もある。

 

【参考リンク】

消費者庁から停止命令 淡路容疑者「桜見る会」で名前も―IR汚職証人買収

 

 佐藤文彦は「マンションデート商法」首魁で所得税法違反で起訴され有罪判決を受けた松尾眞一の盟友であり、自衛隊の名簿の流出を唆した人物である。以下に2009年9月9日付の報道を引用する。

 

<陸自情報流出>会社役員2人を逮捕 提供そそのかした疑い

 陸上自衛隊員約14万人の個人情報流出事件で、鹿児島地検は9日、東京都内の不動産会社役員2人を行政機関個人情報保護法違反(教唆)の容疑で逮捕したと発表した。

同法違反容疑で逮捕された自衛隊鹿児島地方協力本部の1等陸尉、徳永安成容疑者(46)から得た個人情報を不動産セールスに使った可能性が高いとみて追及する。2人は「積極的に働きかけていない」などと話しているという。

 逮捕された2人は不動産会社代表取締役、佐藤文彦(39)=東京都港区=と、同社取締役、倉永健一郎(38)=同=の両容疑者。

 逮捕容疑は2人は共謀して08年11月下旬ごろ、都内の会社から徳永容疑者に電話し、個人情報の「出身地カード」のデータを複製したCD-R1枚の提供をそそのかし、同25日ごろ、倉永容疑者あてに郵送させたとしている。

 地検によると、徳永容疑者の銀行口座に振り込まれた計100万円の流れをたどり、2人が浮上した。「見返り」として振り込んだことと郵送を受けたことを認めているという。

地検は7日、両容疑者宅や会社など数カ所を家宅捜索し、パソコンなどを押収した。徳永容疑者との接点や経緯などについて捜査を進める。

 

引用以上

 

以前にも書いたが、この流出した自衛隊名簿は半グレなどを経由し悪質アポ電でマンション販売を行う特殊詐欺あがりや、背中に刺青を背負ったチンピラ経営の不動産会社に流出し、キチガイみたいなアポ電がなされたりしたのである。佐藤文彦は、全くこの時の事を反省せず「検察は嫌いだ」とも述べていたとの報道もある。

こいつらや桜を見る会に出席するような、マルチ商法首魁や、山根のような「半グレ」はまさしく「カネの亡者」であり、死んでも更生など出来るわけがないのである。目的が「カネ」だけであり、カネで自分を誇示することしか出来ないので、犯罪であろうが悪徳商法であろうが「カネ」だけを追い求めるわけである。だからこそ、佐藤文彦は自衛隊名簿を利用したマンション販売を行い、松尾眞一が行っているような「マンションデート商法」にも積極的に協力をしていたのであろう。そして行き着く先が、「仮想通貨」であるのだから、まさに「カネの亡者」に憑りつかれた人生と言えるだろう。

今回の被疑容疑について佐藤文彦は「秋元議員の後援会から頼まれた」と供述しているとの報道がある。秋元議員は関与を否定しているようだが、では後援会の銭を動かすことを許可できる人間が誰であるかと、佐藤文彦らが依頼をした「虚偽証言」で誰が利益を得るのを考えれば、おのずとこの事件の真相は明らかになるだろう。

コロナ禍が終息する気配を見せない中でカジノなど開設する意味など無いだろうし、そもそもカジノなど、我が国に必要があるのかを検討することと、更生不能の「カネの亡者」を放置することが如何に害であるかを考え、詐欺や悪徳商法を業とする者らへの厳罰をくだせるような法改正の検討・議論が必要だと思われる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中