人種差別や誹謗中傷を行う原因は、根拠のない優越感と自らが不遇であると考えていることがほとんどです。典型的なレイシストの「ネトウヨ」らのミソジニーも気持ち悪いものがあります。

アメリカでは人種差別に反対するためのデモが頻発しており、トランプは陰謀論や一部の勢力による扇動という話に終始しているが、アメリカに限らずどの国でも人種差別が存在していることは事実であり、その程度が異なる程度の事であることは事実である。

アメリカやヨーロッパに何度か行ったことのある日本人であれば、1度や2度は差別的な態度を取られた事があると思われる。「カラード」という事だけで理由もなく差別される謂れが無いことは当たり前の事であるし、「白人」という事だけが誇りの人間も多い。そのような人間たちが人種差別を行うわけである。

この手の人間たちは、相手を見下すことでしか優越感を得られないわけであり、社会の中で自分が誰からも尊敬されていないことを敏感に感じ取っているからこそ、理由のない人種差別を行うのであろう。

ネトウヨたちもレイシストと同じ思考回路であり、社会的には不遇であることから、その理由を外国人(主にアジア人)などに求め、自分たちには何らの現実解決能力も無く社会経験がなくとも「ニッポン素晴らしい国」という主張だけで「愛国無罪」のような考え方で自分たちと異なる考え方の人間たちに罵詈雑言を投げつけるのである。

ネトウヨたちは「国賊」とか「パヨク」という言葉が好きなようであり、夫婦別姓とか性犯罪被害者などの情報発信について根拠のない不快感を持ってデタラメな言動を繰り返しているが、真の国賊というべき黒川元検事長や安倍については何らの批判も行わないのである。ネトウヨどもが「パヨク」扱いする連中も考え方が異なるだけで同じ人間であり、その手法手段が気に入らないのであれば、その内容自体を問題にすればよいわけであるが「パヨク」というレッテルを張るだけで批難するのである。このような「レッテル」だけで相手を攻撃し貶める手法は、かつての社会主義国でよく見られた手法である。政策論争ではなく「人民の敵」「資本主義に毒され堕落した」などとレッテルを張って、政敵を批難し抹殺する手法はありふれた光景であり、このような手段をネトウヨが承継して多くの人たちに因縁を付けていることは興味深い事実である。自分の脳みそで物事を考えない連中がレイシストやネトウヨになると筆者は判断している。

アベトモのレイパー山口の卑劣な行動について勇気を奮って、事実を告発する書籍を出版し民事訴訟を提起し一審においては勝訴した伊藤詩織氏が、伊藤氏を誹謗するイラストなどをウェブ上に掲載し伊藤氏の主張を「でっち上げ」として侮辱していた、自称漫画家を民事で訴えた事も報道されている。

自称漫画家は、明らかに伊藤氏と分かるイラストを掲載していた訳であり、その内容は極めてゲスな内容に終始し、「風刺」と呼べるものではないことは、自分でも分かっっているはずであろう。この自称漫画家は難民を貶めたり在日韓国人を貶めるようなイラストも公表しており、典型的なネトウヨのようである。伊藤氏の主張を批難したいのであれば、論理的に行い、事実を争うべきであり、「枕営業」などと揶揄したり安倍の提灯持ちでしかない山口を「大物ジャーナリスト」と持ち上げることは愚劣としか言いようがないことは確かである。客観的な判断材料を持たないにも関わらず、一方的な思い込みで「でっち上げ」と批判し、自分が批判されれば「フィクション」と逃げを打つのはミットモないのを通り越して滑稽でしかない。

ネトウヨ的な思考回路を持つ者らは「男尊女卑」的な思考回路を持つものも多い。なぜかは理解できないが、間違った我が国の歴史理解による事も原因の一つであろう。ネトウヨたちの愛読書は「トンデモ本」や「陰謀論」がほとんどであり、一部のネトウヨが神話を持ち上げているが、その中身など読んでいないのであろう。

古事記でも日本書紀でもいいが、我が国の最高神は天照大神であり、女性の太陽神であることぐらいは分かっていたら、つまらん女性嫌悪や男尊女卑思想には行きつかないと思うのであるが、ネトウヨは思考回路が一般人とは異なるのかもしれない。

根拠のない人種差別や論理や客観性に欠けた誹謗中傷としか思えない言動は誰でもやめるべきであり、そのような事は法改正をして発信者の特定を容易にすることで簡単に防げる事案ではないだろう。結果として法改正をしても発信者はあらゆる手段を用いて本人の特定を防止するための策を取るだけであろう。結局法で抑えようとしても「民免而無恥」となるだけであろうと思われる。

レイシストやネトウヨにはブルーハーツの「青空」を聞いて欲しい。生まれた所や皮膚や目の色で、いったいこの僕の何が分かるというのだろう、歌詞を聞いて差別について、じっくりと考えて欲しい。

THE BLUE HEARTS – 青空 (Aozora)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中