詐欺師と二人三脚の元弁護士若梅明 CTNについては非弁行為を行い医療ビジネス名目のカネ集めにも加担との情報

元弁護士若梅明が、株主優待ビジネス名目でカネ集めを行ったシー・ティ・エヌの問題に介入し実質的な法律行為を行っている事は何度かお知らせしてきた。CTNの関係会社の代表に登記されたりなど、若梅の元同僚(弁護士業界ではなくカネ集め業界)の山梨県の人物からの依頼で法律業務を行っていると若梅は吹聴しているようであるが、その一方では様々な名目で小銭を引っ張っているとの情報も寄せられている。

この若梅については、医療関係者を自称する職業的な詐欺師(前科あり)と結託し医療ビジネス名目でのカネ集めも行っており、すでに複数の被害者が発生しているとの情報も寄せられている。

まぁヤメ判であったわけだから、弁護士としてそれなりの腕はあったと思いたいところであるが、自分で登録を抹消して非弁屋をやっているのであるから、ボンクラであった可能性のほうが高いのであろう。

この若梅の非弁行為によりCTNの債権者に平等な分配がなされていないのであれば、由々しき問題であり、若梅に法律行為を行わせることが非弁行為であると分かっていながら、若梅に法律行為を行わせたのであれば、甲府の若梅の元同僚はまっとうな債権回収とは程遠い行為を行っていることは自覚しているはずである。

このCTNのカネ集めは、いくら株主優待ビジネスを名目にしていても実際には超高利の利回りをうたいカネ集めをしていたことを考えれば、まともな内容でなかった事は誰にでも分かることである。被害者は誰でも被害金を取り返したいのは当然であろう。しかしながら、カネ集めを積極的に行い、自らも手数料を被害者らから抜いていた人物が、若梅のような事件屋を使い自分だけの回収を脱法的に行うことなど許されるわけがないのである。

いずれにしても、CTNは法的に整理されるべきであり、若梅などを利用する連中こそ菊田と一緒に告発されるべきであることは間違いないのである。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中