誰かが嘘をついているから、見解が分かれる「狗」の黒川への「訓告」処分への経緯 経緯がどうであろうと「訓告」で済ませて良いわけはないはず

官邸の「狗」である黒川への「訓告」処分の経緯について、「官邸主導」であったとの報道がなされたところ、「官邸主導」などではなく法務省が決定したものと菅官房長官も森法相もご説明をしているようである。

 

【参考リンク】

 黒川氏処分、首相官邸が実質決定 法務省は懲戒と判断、軽い訓告に 共同通信

 

 “官邸の決定”を否定 黒川氏「訓告」処分で菅長官 テレ朝ニュース

 

今までもさんざん嘘をつき続け、都合の悪い文書は捨てたり改竄を平然と行ってきた安倍や側用人の今井や北村を信用する国民はごく僅かであることから、「官邸」側が黒川さんへの「激甘」処分を主導したと考える人が大半であろうと思われる。そのような事から内閣支持率は大幅に低下し、官邸はコロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を、自分たちが公表した解除基準を完全に満たしていないにも関わらず、解除しガス抜きを図ったという事ではないだろうかと思われる。

インチキ人事や、緊急事態宣言で外出自粛が求められる中で、しかも自分の人事に関わる審議が国会でなされている最中に賭けマージャンをやっていた黒川は批難されてしかるべきであり、その辺のオッサンとは違い東京高検検事長という要職にある黒川がテンピンとはいえ銭を賭けてやっていたんだから、法務省からしたら国民に対する信用を守るためにも黒川を「懲戒」に付すべきと考えて当然であろう。黒川を「訓告」で済ませたいのは、法務省よりも官邸側であり、「盟友」であった黒川を守りたいという心情からであろうと誰もが推測するはずである。上記の共同通信のリンク記事のとおり「確かに訓告処分の主体は検事総長だが、実質的には事前に官邸で決めていた」というのが真実であろうと思われる。

もし、菅長官や森法相の言う通りであったとしても、安倍が首相として「こんな甘いし処分は許さん」と「官邸主導」で黒川に対して毅然たる処分求めればよかったはずであり、そうすれば安倍の株も少しは上がったのではないだろうか。

普通の国民からすれば稲田検事総長が検察庁のウェブサイトで述べているとおり「検察の使命は,厳正公平・不偏不党を旨としながら,迅速適正に,犯罪の真相を解明し,罰すべきものがあれば,これに対して公訴を提起し,適正な刑罰が科されるようにすることにあります。」という言葉に基づき、微罪とはいえ賭けマージャンを検察NO2の東京高検検事長が日常的に行い、しかもマスコミの連中のアゴアシ付きでやっていたわけだから、詳細な事実関係を調査して厳正な処分を行うべきであろうと思うはずである。検察NO2がいくらレートが低いとはいえ、犯罪行為を行っていたのであれば、退職金が満額支払いされるような「お叱り」だけで済まされるのであれば、国民の遵法精神が低下することも明らかではないだろうか?

まぁ黒川に対する処分を変えることなどないと思われるが、この「訓告」処分の波紋は今後も広がり続けることになるわけだ。その影響は安倍や側用人にも及ぶことを良く当事者たちは自覚しておくべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中