我が国を破滅に導く「お友達主義」 お友達との賭けマージャン発覚で官邸の「狗」黒川が煮られる日も近づいてきました それにしても情報を取るためなら何でもするマスコミも批難されるべきでしょう

文春がすっぱ抜いた官邸の「狗」黒川の産経記者と元朝日記者との賭けマージャン問題であるが、この報道の内容から考えれば黒川と近い筋からの「リーク」があったと考えるのは当然であろう。東京高検に居座る黒川への反発は検察内でも水面下で相当なものがあったのであろうと推測される。

そんな水に落ちた「狗」の黒川にはさっそく容赦の無い辞任論が公然と与党内で沸いていたようだ。

 

【参考リンク】

 黒川検事長、報道で辞任論浮上 賭けマージャンに与野党批判

 

「自覚なさ過ぎる」与党にも辞任容認の声 黒川検事長「賭けマージャン」報道

 

与野党から辞職要求 黒川検事長、報道事実なら

 

安倍政権は「官邸主導」という名で、バカな安倍を担ぐ側用人である今井や北村が恣にデタラメな政治を行っているので、与党内でも安倍のバカさ加減と「大老」格の今井ちゃんの専横に対する苛立ちもあるのであろう。コロナウイルス対策の不手際や、「アベノマスク」を巡る不透明さや、李下に冠を正すことを知らず開き直りで文書は破棄するは、改竄するわで当事者は何もお咎めを受けずに出世をし、安倍の提灯持ちの自称ジャーナリストレイプをしても中村格の鶴の一声で逮捕状が執行されなくなるというような「お友達主義」の蔓延に辟易した多くの国民が、黒川のインチキ人事を正当化すること目的とした検察庁法改正に反対の声をあげたのである。

そんな「アベトモ」の黒川が東京高検検事長に違法な手法で居座っている中で、賭けマージャンをやっているんだから、黒川は世間も法律もなめ切っているのであろう。今まで自分が「調整役」として助けた連中たちがいざとなれば黒川に恩を返すと思ったのかもしれないが、政治屋にそんな義理人情があるやつは稀であろう。何よりも安倍が信義のかけらも持ち合わせていないのであるから、そんなことを期待しても今後も黒川に手が差し伸べられることがないことぐらい自覚するべきであろう。

今回の問題は、黒川が検事でありながら賭博を行っていた事だけでなく、特ダネ欲しさですり寄ってきた記者連中と群れていたことと、ネタのためなら違法行為も辞さないマスコミの姿勢であろう。政治家などからネタを引き出すために、番記者を若い女性にやらせることは現代のマスコミでも往々にしてあることであり、普段は正義の味方のようにコンプライアンスを叫ぶマスコミ自体がコンプラに反する手法でネタを取ることを厭わない訳なのであるから、少なくとも産経と朝日は黒川を批判する権利はないだろう。

安倍が強力に推進してきた「お友達主義」は、法治を乱し、恣意的な法の運用を行わせる温床である。安倍が今まで関与してきた犯罪を検察はすべて暴き、検察が「官邸の狗」でなく、巨悪を眠らせない気概があることを証明してほしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中