パチンコは「レジャー産業」ではなく「賭博業」のはず なんで摘発されずに放置されているんですかね  

コロナウイルスの感染拡大を受けた非常事態宣言下においてもパチンコ屋が相変わらず営業をしていたり、どんなに混んでいようと感染リスクが高いだろうことが想像できてもパチンコに行く連中を批難する論調が増えている。大阪府においては現在も営業中のパチンコ屋の名称を公表し休業を要請したそうだ。

パチンコ屋からすれば単なる要請であるわけだから、応じないという事であろう。しかしそもそもパチンコ・パチスロというのは賭博であることは間違いなく、「三店方式」であろうとも換金行為が前提であるわけだし、換金前提の特殊景品など質屋に持ち込んでも、銭を出してくれるわけないことから考えてもパチンコ・パチスロが「賭博」であることは間違いないのである。

堂々と全国の一等地で毎日賭博が行われ、朝から博打を打つためにパチンコ屋に並ぶ人間がこれだけいる国は世界の中で我が国だけではないだろうか。それに、パチンコ・パチスロには何のロマンも存在しない。競馬であれば、血統や騎手や調教師らのドラマがあり、競輪は人間関係を読み解くことが独特の「コク」となっているし、カジノやカードゲームを小道具として取り入れた小説や映画は数多く、麻雀にしても同様であり、ギャンブルに伴う駆け引きは人間を映し出す鏡でもあることは自事実だ。

しかしながら朝から晩まで大音量の中でパチンコ・パチスロ台にしがみつく連中がカッコいいと思う人間などいるわけなどないと筆者は考える。人さまから銭を巻き上げる機械相手にしている人間のどこにロマンがあるのであろうか?

東日本大震災の際も、国や東電から補償を受けた人たちが大挙してパチンコ屋に通っていたし、朝からパチンコ屋に並んでいる連中どもは、まともに仕事などしていないことも自明である。しかし「銭」だけを目的として全く頭を使わないギャンブルの何が一体面白いのか筆者には全く理解できない。

しかし、パチンコの遊技機メーカーが株式を上場したりしている我が国においては、「パチンコ・パチスロ」を賭博として摘発することなど無いだろう。このようなダブルスタンダードが蔓延ることが問題であると思われる。

個人的にはパチンコ・パチスロというものは多重債務者製造機のようなものであると考えている。パチンコ屋が存在するという事はパチンコ屋が利益を出しているからこそであり客が永続的に勝つことなどないわけである。そんな真実を理解できない連中がパチンコ屋に通っているのだから「明日勝てばよい」としてツマめるところから、ツマみまくるのであるから、あっという間に多重債務者が出来上がるのである。

こんな「違法賭博」を放置していること自体が我が国の恥であることに気付くべきであり、日弁連は実質的な「賭博」でしかない、パチンコ・パチスロを摘発することを求める会長声明を出すべきなのである。このコロナ騒ぎは違法賭博であるパチンコ・パチスロを見直す良い機会ではなかろうか。国民全体で一度よく考えるべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中