よくも悪くも有名な玉里友香弁護士(第一東京)に業務停止2月の懲戒処分 ところで銀座の事務所には3つの法律事務所が存在していますが、これはどういう事なんですかね?

25ansビューティーメダリスト審査員であったという玉里友香弁護士は、弁護士として多忙を極めるが、どんなに遅く帰っても“ツヤ”肌キープのための半身浴や、基本に忠実なスキンケアを怠らないそうである。

 

【参考リンク】

ビューティ・メダリストBLOG 第6期生 玉里友香さんの部屋

 

 そんな、玉里先生が業務停止2月の懲戒処分を受けていたことが明らかになった。

 

【参考リンク】

弁護士自治を考える会 弁護士懲戒処分情報4月14日付官報通算35件目玉里友香弁護士(第一東京)

 

 玉里弁護士は、上記のように業務外では派手な活躍をなさっている中で、非弁提携の噂が絶えない弁護士であった。筆者に寄せられている情報では、非弁NPO関係者や特殊詐欺の返金とか、情報商材の購入代金の返金などの依頼者を弁護士に送り込む「送り屋」と深い接点があり、実質的に「名義貸し」を行っているとの内容であった。今回の懲戒処分の内容は現時点ではわからないが、初回の懲戒処分で業務停止を受けるという事は相当な問題であったであろうことは想像に難くない。

この玉里弁護士の現在の登録先は以下のとおりである。

 

事務所名 レアーナ法律事務所
郵便番号 〒 1040061
事務所住所 東京都 中央区銀座8-14-11 ワイエヌ銀座ビル10階FLS-A
電話番号 03-6264-3400
FAX番号 03-6264-3413

 

この事務所と同じ場所であるワイエヌ銀座ビル10階には、別事務所名で2名の弁護士が登録を行っていることが確認されている。

ワイエヌ銀座ビル10階

 

 

このワイエヌ銀座ビル10階は1フロアーで貸し出しがなされていると思われることから、事務所をシェアしているか、間仕切りをして各事務所を構成しているのであろう。そのようなことから住所地の末尾がFLSとなっておりA~Cとなっているものと思われる。

この3名の弁護士が一緒に業務をやっているとは断定できないが、レアーナはともかくとしてウラノスとケレスはギリシャ・ローマ神話の神々の名前で天体の名前でもあることから、何らかの関係性はあるのであろうと思われる。

 

【参考リンク】

 ワイエヌ銀座ビル10階 20.96坪

 

この事務所のうちの天王星のほうは、どう見ても非弁提携事務所としか思えないような広告が出稿されていることが確認できる。

 

【参考リンク】

 詐欺被害救済窓口 ウラノス法律事務所

 全国対応退職代行サービス ウラノス法律事務所

 情報商材詐欺被害救済窓口 ウラノス法律事務所

 

藤崎弁護士は一人で、詐欺被害に退職代行に情報商材の詐欺被害の救済に八面六臂の活躍をしている様子がうかがえるが、広告の構成と内容からすると、この広告は非弁屋が作成したようにしか筆者には見えない。

上記の各サイト共に「私たちの強みは特殊詐欺事案に特化した専門家であること」との記載があり、藤崎弁護士は究極の「マチ弁」を目指す「告訴マン」であるとの記載があるが、本当にご自身でこんな事を言っているか気になるところだ。

すべての広告で「安心全国対応」となっているが、こんなに集客して弁護士一人で処理できるのであろうか?筆者の心配は尽きない。

業務停止中の玉里弁護士が、この停止期間中にも基本に忠実なスキンケアを行っているのであろうか?業務停止明けにぜひとも公表していただきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中