ウイルスには平日も休日もありません 平日は「働け」休日は「自粛しろ」というデタラメな考え方は全く理解できません。

時事通信は5日付で「首都迫る「感染爆発」 5日で感染者倍増 新型コロナ」として以下の記事を配信した。

 

東京都内で確認された1日当たりの新型コロナウイルス感染者が、初めて100人を超えた。

 感染者の累計は4日時点で891人に上り、わずか5日で倍増した。欧米で起きた「感染爆発」が発生しかねない状況で、都は警戒を強めている。

 1日当たりの感染者は3月中旬ごろまで数人から十数人で推移してきたが、同25日に41人と急増。その後も数十人の高水準が続き、累計感染者は3月30日の443人から倍増した。

 感染者の内訳を見ると、3月末から20代以下の感染者が目立つようになった。都福祉保健局によると、若者は高齢者に比べ行動範囲が広く、無症状のまま感染を広げている可能性があるという。感染経路が分からないケースも増えている。

 一方、入院中の患者は4日時点で800人を超えた。都は6日までに新型コロナウイルスに対応する病床について、900床を確保する見通しだが綱渡りの状態が続く。このため数日中に軽症者と無症状の感染者はホテルで療養する取り組みを開始する方針だ。

 小池百合子知事は「感染爆発の重大局面」として、2週連続で週末の外出自粛を要請。4日も「命が関わっています。不要不急の外出をお控えいただくようお願いします」とするコメントを出した。 

 

引用以上

 

ウイルスには平日も休日もない。休日だけ外に出なければ感染拡大が防げるのであればいいのだが、そんなわけは無いのである。

平日は「時差通勤」「テレワーク」で働けとは言っても、そんな事を許してくれるのは大企業だけである。日銭を稼ぐ商売や中小企業ではそんなことは到底望めない事ぐらい誰でもわかるはずだ。(安倍のようなバカ坊ちゃんは分からないだろうね)

感染拡大を防ぎたいのであれば、基本的には都市封鎖を行いしばらくの間は仕事をお休みにすべきなのである。流通業や小売業は休めないかもしれないが、働く人たちにはできる限り多くの給与を支払う事と健康面の対策を万全にしたうえで働いてもらい、休業を余儀なくされた小売業や飲食業者に対してある程度の補償を行い、興行などについても一定の補償を行ったうえで、全ての仕事を一旦停止するべきなのである。

感染拡大の危機というなら、平日昼間の外出だって危険なはずだ。それなら、都市封鎖を行うべきなのである。

“ウイルスには平日も休日もありません 平日は「働け」休日は「自粛しろ」というデタラメな考え方は全く理解できません。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中