ひき逃げ弁護士は黙秘するそうです みっともない行動をとる小柳茂秀弁護士(神奈川)

TBSニュースは29日付で「横浜でひき逃げの疑い、自称・弁護士の男逮捕」として以下の記事を配信した。

 

横浜市金沢区の交差点で、自称・弁護士の男が男子大学生を車でひき逃げしたとして、逮捕されました。

 過失運転傷害などの疑いで逮捕されたのは、横須賀市に住む自称・弁護士の小柳茂秀容疑者(55)です。

 小柳容疑者は、28日午後6時前、金沢区寺前の交差点を自転車で横断しようとしていた大学生の白須諒さん(28)を運転していた普通自動車ではねて、そのまま逃走した疑いが持たれています。白須さんは、ひざを打撲するなど軽いけがをしました。

 警察によりますと、白須さんは自分をはねた車のナンバーを覚えていて、自ら110番通報。警察が付近を調べていたところ、およそ20分後に、現場からおよそ3キロ離れたところで小柳容疑者の車を見つけ、逮捕に至ったということです。

 警察の取り調べに対し、小柳容疑者は、黙秘しているということです。

 

引用以上

 

小柳弁護士は登録番号が33116だから、司法修習は58期のはずである。年齢が55歳という事だから40歳の時に弁護士登録をしたものと思われる。そのような事実から考えれば多くの社会経験をもった弁護士であると思われるが、自転車をはねて逃走するとはすでに「特権階級」としての思い上がりか、被害者の怪我などよりも自らの地位を守る事を優先したことを原因としていると思われる。

このような事件で黙秘をしても何の利益もないわけで、素直に反省の情を示し、被害弁償を申し出たほうが利益になると思われるが、まだ現実を受け入れていないのか被疑容疑を否認することを考えて黙秘しているのであろう。

小柳弁護士は、趣味を自分の事務所のウェブサイトで公開している。

 

弁護士法人横浜みなと法律事務所

ヨットセーリング

 Janpor(23フィート)キャプテン職員の福利厚生にも一役買っています。

茶道 表千家

稽古はサボってばかり。どうにか薄茶が立てられるかどうか

 

事務所職員の福利厚生には気を使うが自分がはねた自転車の相手の事はシカトということなのであろう。本当にみっともないとしか言いようがない事案であるので、神奈川県弁護士会は会請求で小柳弁護士に懲戒請求を申し立てるべきであると筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中