弁護士法人ベリーベスト法律事務所の業務停止にともなうベリーベスト弁護士法人(第一東京)と弁護士法人VERYBEST(第二東京)が運営する「ベリーベスト法律事務所」の営業中のお知らせ このようなお知らせを出せる事は大した度胸だと思います

「元祖」弁護士法人ベリーベスト法律事務所の業務停止処分に伴い、現在「ベリーベスト法律事務所」という事務所名で弁護士業務を行っているベリーベスト弁護士法人(第一東京)と弁護士法人VERYBEST(第二東京)は、「元祖」の業務停止などうちと関係ありませんよ「営業中」ですよ、自らのウェブサイトでしっかりと告知を行っている。

 

【参考リンク】

ベリーベスト法律事務所 弁護士法人ベリーベスト法律事務所に対する業務停止について

 

上記参考リンクのお知らせには

 

ベリーベスト法律事務所は、ベリーベスト弁護士法人および弁護士法人VERYBESTによって構成されており、上記の弁護士法人ベリーベスト法律事務所、弁護士酒井、弁護士浅野とは、別の法律事務所です。

従って、当事務所(ベリーベスト弁護士法人)とご契約されているお客様の案件については、何の影響もありませんので、ご安心ください。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

との記載がある。この内容は確かにその通りなのであろうが、2018年3月の時点では業務停止となった「元祖」も含めた3つの弁護士法人で運営されていた事は間違いのない事実なのである。

 

【参考リンク】

ベリーベスト法律事務所は3つの弁護士法人で運営されていることが判明 その理由は懲戒逃れなのか他にあるのかはご回答いただけませんでした。

 

 このような経緯からすれば、以下のような「お知らせ」にするべきであろう

ベリーベスト法律事務所は懲戒処分を受けた弁護士法人ベリーベスト法律事務所が以前はベリーベスト法律事務所を構成する法人であり、弁護士酒井・弁護士浅野も以前には当事務所に在籍をしておりました事は間違いありません。

しかしながら、ご依頼者の皆様に業務停止の影響を避ける事を考えて、現在は懲戒処分を受けた弁護士法人・各弁護士ともに別の法律事務所とする形態を取りました。

このようにしっかりと懲戒処分の無効化はなされておりますので、当事務所には何らの影響もありませんのでご安心ください。

 

実際に弁護士事務所としての「ベリーベスト法律事務所」として、営業停止処分を受ける事を避けるために法人を設立し、それぞれ第一東京・第二東京に登録して「潜脱」行為を図ったわけなのであるから、きちんとその内容を依頼者らに告知する事が弁護士として必要であり、「潜脱」行為を行ったのは依頼者のためであるというタテマエぐらい、しっかりと告知するべきだと筆者は考える。

実際には「潜脱」行為は、「ベリーベスト法律事務所」の利益のために行ったものであり、今回業務停止処分を受けた酒井・浅野弁護士だけでなく、現在の「ベリーベスト法律事務所」を運営する弁護士らとの「謀議」の上で行った事に他ならない判断することに誰しも異論はないだろう。

こんな「潜脱」行為を大っぴらに行いながらも、うちは懲戒処分と関係ないので「営業中」ですよ!と平然と告知を行う「ベリーベスト法律事務所」は大した度胸であると筆者は心より感心している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中