選抜高校野球は中止に 東京五輪も早く中止にしましょう オリンピック開催の協賛費用で集めた銭をコロナウイルス対策に使い、余った銭を国民に還元したほうが余程有益でしょう

日刊スポーツは11日付で「出場校も足並みそろわず…/センバツ中止理由全文」として以下の記事を配信した。

 

第92回選抜高校野球(19日開幕、甲子園)の開催可否を決める臨時運営委員会が、11日に大阪市内で行われ、選抜史上初の中止が決定した。1924年(大13)に創設された同大会は、42年(昭17)から46年(同21)まで戦争による中断があるが、中止は史上初となる。

 

高野連が発表した中止決定の理由は以下の通り。

<1>出場選手の健康、安全が最優先

4日以降、本日までの1週間で関係各位の協力を得て、一定の感染予防対策を取りまとめ、感染リスクを低減することはできても、一部の専門家からは感染リスクを完全に排除することは極めて困難だという意見も出された。現状、コロナウイルスは感染経路が明らかではなく、地域を問わず発生している状況があり、最終的に出場選手の健康、安全を最優先した。

<2>国内の感染状況

4日以降も国内で確認された感染者数は増加している。なお、政府が設置した専門家会議ではウイルス感染の国内流行は長期化する見方が示されている。

<3>出場校の状況

現在、政府からの一斉休校要請により、各出場校では一律ではないものの臨時休業措置が取られている。出場校が大会へ臨むにあたって、安全対策や練習の実施状況など出場校間で足並みがそろっていない現状がある。      

 

引用以上

 この開催中止の判断には異論もあるようだが、ウイルス感染の長期化が懸念されている中では当然の判断であろうと思われる。出場選手の健康・安全を優先したことは評価できると思われる。

上記の引用記事中にもあるとおり、政府が設置した専門家会議ではウイルス感染の国内流行は長期化する見方が示されていることから考えれば東京オリンピックの開催など早く返上すべきであり、「延期」とかくだらない判断でなく、オリンピックなど開催できる安全な国や地域で行えばいいだけなのである。ただでさえ真夏の酷暑の東京で行うオリンピックなど危険極まりなく、マラソン競技が札幌開催になったことを考えれば、きれいさっぱり中止にするべきなのである。

昨年6月の時点の報道で、東京オリンピックへの企業の協賛金は30億ドルを超えているとの事だから、この協賛金をコロナウイルス対策と、休業を余儀なくされてる人たちやイベントの開催が出来ずに経営危機に瀕している企業や外食産業や小売業などへの支援に使うべきなのである。

 

【参考リンク】

 東京五輪の国内企業協賛金、過去最高額の3倍に 32社30億ドル超=IOC

 

こんなに銭を集めておいて僅かなゼニで「やりがい」を強調し、徴用したボランティアを使いカネもうけをしようというのが東京オリンピックの本質であり、外国人観光客のために博打を打たせ、夜中も酒を飲ませようというだから、オリンピック精神などの欠片も感じられない商売五輪であることは間違いないのである。

オリンピックは安全に開催可能な国や地域で開催してもらえば何の問題も無いはずである。      東京でコロナウイルスの感染者が大して増えていないのは何でなんすかね?検査もなかなか東京では受けられない状況が続いているようだが、オリンピック開催のために「安全」を過度に演出しているのであれば、参加選手によりボイコットが相次ぎ結果的にオリンピックの開催が困難になる事も考えるべきであろう思われる。

国民やオリンピックの参加者らの健康と安全を考えて、早急に東京五輪の開催の中止を宣言し、安全な都市での開催を望むことを公表するのは早いに越したことはないだろう。

東京五輪がパンデミックの舞台となれば、我が国への国際的な信用は地に堕ちるはずであり、それに比べれば「中止」という決断のほうが遥かに有益であることは明らかだ。公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は早急に開催の中止を具申するべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中