エゴイズム丸出しの「買占め」騒動 働く者らは「奴隷根性」の払拭を

新型コロナウイルスの騒ぎで、マスクを転売目的で購入したり、トイレットペーパーなどが品薄になるとうデマを真に受けて、ワンボックスカーで紙製品を買占めに来るバカどもが大発生しているようである。本当に、こういう連中は自分の頭で考える事ができないので何か不安があるとすぐに「買占め」もしくは「転売」を考えるのである。

東日本大震災の際にも水を買い占めるような馬鹿者はいたが、国民の道徳観と自己中心的な思考回路は益々ひどくなっているような気がする。現代の高齢者たちは「オイルショック」時の狂乱物価やトイレットペーパーの買い占め騒ぎも知っている筈なのだが、何も学習していないようである。自分だけ良ければいいという、精神が蔓延していれば結果的にそのツケが自分たちに回ってくる事をバカどもは思い知るべきであろう。

コロナウイルスなどは自分で身を守るためにできる事など自分で考えるべきであり、安倍首相を筆頭に科学的根拠に基かない精神論や滅私奉公の精神で、この騒ぎを乗り切る事を考えている者も多いようだが、ウイルスに対処できるのは医学だけであり、悲観しようが騒ごうが何も変わる事などないのである。

個人としては自分でしっかりと予防法を実行し、国は感染が疑われる人にしっかりとした検査・治療体制を整備することこそが必要なわけだ。集団感染を発生させたクルーズ船における対応がデタラメであったことは事実だろうし、安倍内閣の初動に問題があった事は事実であるが、事実を事実として受け止め現実を把握する能力が極端に落ちている国民が多いように感じている。

学校が一斉休校になったことで親が「働けない」とか学童保育がパンクしているなどとメディアは騒ぐが、なぜそんなに必死に働こうとするのか全く理解できない。経済的な問題があるにしても、大地震が発生しようが、台風が襲来しようが、電車の動かない駅に通勤のために人が押し寄せるような我が国の感覚は異常としか思えない。なぜそんなに無理して出勤する必要があるのであろうか?そんな時にまで働こうとするのは「勤勉」というより「奴隷根性」でしかないと思うのは筆者だけなのであろうか。

働くという行為は全人格を雇用主に預けるようなものでは無く、あくまで対価を得るための労働という手段であり、人間を売り買いするようなものではないのである。さらに言えば、なぜわざわざ子供を預けて夫婦がフルタイムで働かなければならないような風潮なのか全く理解できない。安倍のいう「一億総活躍社会」よりも、男女の性差を理解し、出産という女性にしかできない事を企業が理解して出生率の低下の対処を行うべきであろうし、非正規雇用を減らして、女性が子育てに追われる期間を結婚している・していないに関わらず「専業主婦」として活躍できる社会のほうが余程良い社会ではないのだろうか。

現代は専門的な知性よりも専門家以外のバカなツイートなどがもてはやされる時代である。感染症の専門でもないバカな整形屋や、くだらない事しか述べないTVのコメンテーターの憶測話などを真に受ける必要など全く無く、安倍が会見で述べたような精神論におつきあいする必要も無く、自分自身で何事も判断すべきなのである。「わからない」「情報が無い」なんて話は、そんな事は新型ウイルスなのだから当たり前なのである。バカを持ち上げたり信じたりすればバカを見るのは自分である事を全ての国民は理解するべきなのである。

安倍は助成金や中小企業の資金繰りに対して支援を行うような事を言っているが、当たり前であるが、昨年の消費税増税以降は消費が急減速している中での今回のコロナ騒ぎなのであるから、簡単に景気など回復しないであろうし、とりわけ観光業や小売業には致命的な打撃になることなど誰でも分かる事である。そんな時に「助成金」「資金繰り」など焼け石に水であり、必要なのは「徳政令」と「ベーシックインカム」の支給なのである。その上で真の働き方改革を行うべきなのである。

日弁連は会長選の決選投票など延期して、政府に対して今回のコロナ騒ぎについての収入の低下した非正規労働者らへの救済案などを日弁連として取りまとめ具申するべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中