検察への「もみ消し」を請負う自称ブローカーたちって本当に存在するんですよ(事実かどうかは別です) 最近アクセスジャーナルは良い記事を出していますね

アクセスジャーナルが最近良いスクープを行っている。興味のある方は、会員制有料情報サイトなので、会員登録して閲覧してほしい。

 

【参考リンク】

渦中の黒川検事長に関するダーティーな情報ーー暴力団幹部、警察関係、大臣経験代議士なども登場

 

『フライデー』が暴いた警視庁“汚職警官”の実名

 

上記の官邸の「狗」の黒川に関する情報が事実なのであれば、トンデモないことであるし、このような噂が出るだけでも、厳正中立・不党不偏を旨とする検察官としては問題であろうと思われる。

もう一つの記事の暴力団と結託する不良警官については、荻窪の岡ちゃん(昇進したが本庁に戻れないみたいですね 三崎をネタ元にしてたらダメですよ)や、クビになった今野や三課にいたM上などが、「融通が利く」警察官として有名であったりしたが、上記参考リンク記事の警察官も「ズブズブ」で有名な刑事さんである。こんなバカ刑事がいるから、地道に捜査に励む警察官たちが苦労するのである。

まず、官邸の「狗」の黒川は上記のアクセスジャーナル記事が事実無根というのであれば民事ばかりでなく刑事としても「名誉棄損」として訴えるべきだろう。筆者の考えでは「検察と近い」などといって被疑者・被告人からカネを巻き上げるインチキブローカーが存在することから(良い例がダブルスパイ三崎)、「狗」の「腹黒川」とのつながりを吹いた奴はいるかもしれないが、本当に繋がる事は無いのではないかと考えている。

以前にも芸能界のタニマチであった悪徳不動産販売会社の社長が薬物事件で逮捕された際に、まさにインチキブローカーである亀ちゃんに「検察との癒着」をネタに「執行猶予」判決をもらうとして大金を巻き上げられた事例や、商品の取り込み詐欺を行う「引き屋」が「検察関係者に金を渡している」などと自慢をしていたのであるが、しっかり逮捕されて懲役を喰らった例なども実際にある。エセ同和関係者などは「検察は2000万円が交渉の目安だ」などと述べていた者もいたが、筆者には真偽のほどは分からないが、腐った「ヤメ検」などが、「後輩」らから実際に捜査情報を得ていたとか、捜査に影響力を与えたような話を自慢話で、愛人の銀座のお姉さまに持たせた店でしている話は何度も仄聞しているので、検察という組織も「法治」よりも「人間関係」を優先するのかもしれない事を国民は肝に銘じておく必要があるだろう。

不良警官はいつの時代でも存在するが、酒をタカるぐらいなら可愛いものである。しかしながら特殊詐欺集団と結託するような警察官も存在することも事実であり、調べ室から私用の携帯電話で詐欺師の上役に通話をさせていた事例なども本当にあった事である。警察官(特にキャリア)も検察官も世間知らずが多く、「カネと女」で「溶けて」しまう者がいる事も事実である。人間だから息抜きは必要であることは確かであるが、職業倫理を忘れたらせっかくの安定した給与も、一般企業と違い確実にもらえる退職金も全てパーになるわけなので、法を枉げる検察関係者や警察関係者らは、そのあたりも良く考えて行動してほしいものである。

とにかく官邸の「狗」の黒川がインチキ人事で検察庁に居座る限り、国民の検察不信はますます増大し、大阪地検特捜部の証拠捏造事件の時よりも検察への不信が高まる事は間違いないはずだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中