「腹黒川」こと官邸の「狗」の黒川弘務のインチキ人事 人事院、決裁経ず解釈変更 協議文書は日付不記載だそうです。黒川に法曹としての誇りがあるなら即刻辞職を! 心ある検事と検察職員はインチキ人事の黒川に辞職を求めるべき

共同通信は20日付で「人事院、決裁経ず解釈変更 協議文書は日付不記載 検事長定年延長」として以下の記事を配信した。

 

人事院の松尾恵美子給与局長は20日の衆院予算委員会で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長をめぐり、国家公務員法の定年延長規定を検察官にも適用可能とした法務省の法解釈の変更を認める際、部内で決裁を取らずに了承したと述べた。

 関連する法務省と人事院の協議文書には作成した日付が記載されていないことも明らかになった。

 法務省と人事院は20日の予算委理事会に、定年延長規定の検察官への適用をめぐり協議したことを記した文書を提出。この中で法務省は、定年延長制度について検察官にも「適用があると解される」との見解を示し、人事院は「特に異論は申し上げない」と応じている。

 ただ、どちらの文書にも作成日が明記されていない。委員会の質疑で、野党共同会派の小川淳也氏が理由をただすと、森雅子法相は明確に答えず、松尾氏は「法務省に直接書面を渡しており、記載する必要がなかった」と語った。

 小川氏はさらに、これらの文書に関し、それぞれ部内で決裁手続きを済ませたかを質問。森氏は「必要な決裁を取っている」と答えたが、松尾氏は「取っていない」と述べた。小川氏は「決裁を取らずに法令解釈をしたなんて聞いたことがない」と厳しく批判した。 

 

引用以上

 

 第二次安倍内閣が成立して以来我が国は「法治」からかけ離れた国家になっている。「モリカケ」問題においては平気で文書は改竄するし自殺者が出ようと安倍は知った事じゃないという顔であるし、「アベトモ」の提灯持ちはレイプをしても逮捕も処罰も免れるし、受託収賄の甘利明は何らも罰も受けず自民党の要職に復帰し、悪徳商法や特殊詐欺を業とする「カネの亡者」らは挙って「アベトモ」になりたくて桜を見る会に出席する。まさに末法の世である。

官邸の「狗」黒川は腐っても法曹である。こいつは、国会を混乱させ国民の検察不信をこれ以上防ぐためにも今すぐでも辞表を出すべきであろう。こいつは何を考えて定年延長を受け入れたのかは分からないが、下賤な名誉欲と権力志向の出世欲なのであろうから、こんな下司野郎が検事総長に就任する事などあってはならないのである。

厳正中立・不党不偏を旨とする旨とする検事及び検察庁職員は黒川に辞任を求め、検察への国民の信頼を維持するべきなのである。そうしなければ、検察など所詮は安倍の私設捜査機関でしかないと誰もが判断し、検察不信はさらに強まるであろうことは間違いなく、我が国の治安が大幅に低下することは確実なのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中