「無罪請負人」弘中惇一郎弁護士の事務所に家宅捜索 被疑者・被告人の利益を守る事は大事で当然ですが、ゴーンに連絡して「お前が逃げたおかげで、大迷惑だ!」と怒ったらどうですかね?

時事通信は29日付で「弘中弁護士事務所を捜索 出入国管理法違反容疑―ゴーン被告逃亡・東京地検」として以下の記事を配信した。

 

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が中東レバノンに逃亡した事件で、東京地検は29日、出入国管理法違反などの容疑で、弘中惇一郎弁護士の事務所(東京都千代田区)を家宅捜索した。弘中弁護士はゴーン被告の弁護人だったが、逃亡後の今月16日に辞任した。地検は押収資料を分析するなどし、逃亡の経緯解明を進める。

 弘中弁護士によると、先週、地検から事情聴取の要請を受けたが、拒否した。弁護団を辞任した別の弁護士も拒否したという。

 地検はこの日、保釈中にゴーン被告が使用していた会議室などを捜索。被告との面会者を記録した書類を押収した。打ち合わせメモや被告が使っていたパソコンも対象としていたが、事務所側は医師や弁護士に認められた押収拒絶権を行使したという。

 地検は8日にも、パソコンを差し押さえるため、地裁の令状を取って事務所を訪れていたが、事務所側が拒絶権を行使。係官を事務所に立ち入らせていなかった。

 地検の捜査などによると、ゴーン被告は昨年12月29日、都内の保釈中の住居を出て関西空港から無断出国した。地検は警視庁に協力を要請し、住居周辺の防犯カメラ映像などを解析。ゴーン被告は米国籍とみられる男2人と共にプライベートジェットで出国し、トルコ・イスタンブール経由でレバノン入りしたことが判明した。地検は少なくとも3人の協力者がいたとみて捜査している。

 

引用以上

 

依頼者のゴーンが逃げた事により、元弁護人らが被っている迷惑は想像以上だろう。ゴーンのために最善を尽くした弁護活動を行い、厳しい条件とはいえ保釈を勝ち取った弘中弁護士を始めとする元弁護団からしたら、いくら高額な弁護料金を頂戴していても「冗談じゃない」という気持ちだろう。

弘中弁護士は「鍵ぶっ壊して…」事務所捜索をと述べていたそうだが、それは家宅捜索令状が出ている限りは仕方のない事であることは理解しているはずであろう。またゴーンの使っていたPCについては押収拒絶権を行使したという事であるが、刑事訴訟法第105条からすれば当たり前の事とも解せられるだろうが、以前にも述べたとおり厳格な保釈の条件を提示したのは「無罪請負人」らを含む弁護人らであり、結果としてゴーンが逃亡をした以上は、裁判所が指定した保釈の条件を遵守していたかどうかぐらいは、自分たちの名誉と立場を守るためにも明らかにしたほうが良いと思うのであるが、辞任したとはいえ刑事弁護人として担当したゴーンを売るような事はできないのかもしれない。そういう事であれば、ゴーンがパソコンを使いに訪れていた弘中弁護士の事務所では、どのようにゴーンの監督を行っていたのかを明らかにするべきであろう。

弘中弁護士の事務所であるから、英語に堪能な弁護士やスタッフは多いかもしれないが、フランス語やアラビア語でゴーンが会話やメッセージを送っていたとすれば、その内容などについて理解していたのであろうか?またインターネットの通信記録についても裁判所に提出することが保釈の指定条件となっていたようであるが、通信記録とは単にインターネットの履歴だけなのか、それ以外のどのようなものであるかも気になっている事柄だ。

弘中先生をはじめとした、とってもタイムチャージが高そうな無罪請負人という名を馳せるゴーンの元弁護人らはゴーンに「お前が逃げたおかげで、大迷惑だ!」とレバノンまで行って怒鳴りつけてやったらどうですかね?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中