女子高生らにAVへの出演を強要したなどとして有罪判決を受けた男に対し、違法行為を止めるよう助言しなかった菅谷幸彦弁護士(第二東京)に戒告の懲戒処分

産経新聞は26日付で『少女にAV強要男の弁護士を懲戒処分 第二東京弁護士会「品位失う」』として以下の記事を配信した。

 

女子高生らにアダルトビデオ(AV)への出演を強要したなどとして有罪判決を受けた元DVD販売サイト運営者の男に対し、違法行為を止めるよう助言しなかったのは弁護士の品位を失う非行にあたるとして、第二東京弁護士会が、男の顧問弁護士だった菅谷幸彦弁護士(55)を戒告の懲戒処分にしたことが26日、分かった。

処分は20日付。

同弁護士会の懲戒委員会や綱紀委員会の議決によると、元サイト運営者の男は平成26~28年、インターネット上でコスプレモデルの募集を装って少女らを集め、東京や大阪のスタジオでAV出演に勧誘。当時18歳だった女子高生の少女を脅し、承諾書に「わいせつ行為は私の意思です」と書かせたなどとして強要や職業安定法違反などの罪に問われ、30年3月に大阪高裁で懲役2年6月、罰金30万円の実刑判決を受けた。

 男は23年、女子中学生の上半身裸の写真を撮ったとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)容疑で警視庁に逮捕され、24年3月に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。この事件で男の私選弁護人だった菅谷弁護士は同月、月3万円で男と顧問契約を締結した。

 男はAV出演に難色を示す少女らに対し、「こっちには弁護士がいるので断ったら大変なことになる。(撮影前にかかった)美容院代を返せ」などと迫っていたことが大阪府警の捜査で判明。府警は関係先から19都府県の女性200人以上の出演契約書を押収した。懲戒委は男の顧問弁護士を務めていた菅谷弁護士について、「漫然とそのような事業主の顧問弁護士となったことが根本的な問題だ」と指摘した。

 菅谷弁護士は「(男の行為が)職業安定法上の有害業務に該当するかどうか思いを致すことが現実的に困難だった」と弁明したが、懲戒委は「(同法の)有害業務の概念について知らなかったことは弁解の余地がない」と断じた。一方で「法的知見を提供し、違法行為を助長した証拠はない」として、戒告とした。

 菅谷弁護士は産経新聞の取材に対し「法令を知らなかったことはミス。男の顧問に就いたのは結果としては適切ではなかったと言わざるを得ない」とした。

 懲戒処分は重い順に(1)除名(2)退会命令(3)業務停止(4)戒告-がある。各弁護士会の決定に不服がある場合は、日本弁護士連合会(日弁連)に申し立てることができる。

 

引用以上

職業に貴賤はないというが、賤業とまでは言わないが、「堅気」ではない仕事があることは事実だ。必要悪とは思うが、風俗関係やアダルトビデオなどに関係する仕事が「堅気」であるはずもない事は誰でも認めざるを得ないだろう。

「星の流れに」のような、「人は見返るわが身は細る」というような感覚は今は無く、とにかく「カネ」を追い求めるのが性を売りにする業界であり、昔から暴力団などの関係者が女を喰いものにする業界である事も事実なのである。

今回の菅谷弁護士の懲戒事由であるが、バカ男が「こっちには弁護士がいるので断ったら大変なことになる。(撮影前にかかった)美容院代を返せ」と少女らに迫りAVへの出演を強要していたわけであるから、このバカ男の顧問弁護士である菅谷弁護士がAV出演を断った少女らに「大変な事をする」とこのバカ男は申し述べていたわけであり、このバカ男から菅谷弁護士は毎月3万円もらっていたのであるから、戒告ぐらいで済ませていいはずは無いのである。

AV強要で思い浮かぶ弁護士といえば菅谷弁護士と同じく「独自の気風」を誇りとする第二東京弁護士会に所属する宮本智弁護士であろう。宮本弁護士は実際にAV出演の違約金で2460万円もの損害賠償請求という「大変なこと」を実行した腐れ弁護士である。

 

【参考リンク】

AV出演の違約金で2460万円の損害賠償請求を行った宮本智弁護士への懲戒請求を棄却した第二東京弁護士の国民の常識と乖離した判断基準

 

宮本智や菅谷幸彦のような弁護士がいるから、「弁護士に依頼し高額な違約金を請求する」と言って望まないAV出演の被害が増加するわけである。こいつらには「品位」がないばかりでなく、意地も誇りも無いのであろう。恥ずかしくないんですかね?

“女子高生らにAVへの出演を強要したなどとして有罪判決を受けた男に対し、違法行為を止めるよう助言しなかった菅谷幸彦弁護士(第二東京)に戒告の懲戒処分” への2件のフィードバック

  1. 金澤新一は1度、ロリコンDVDの件で逮捕されています。
    その時の弁護人が菅谷先生です。
    そして出所して、再び同様の犯行を行いました。
    で、また逮捕されて、その時の弁護士も菅谷先生。
    菅谷先生は刑事事件で2度・顧問弁護士として1度
    合計3回も金澤新一の弁護士をしています。
    菅谷先生もロリコン趣味があるのか疑いたくなるくらいです。

    支援団体からも金澤のしていることは、職業安定法の有害業務があることを指摘
    されていたし、ロリコン趣味の顧問弁護士をするなら、職業安定法に関して調査する
    時間はあったはずです。
    戒告は軽いので、異議を出さないとダメですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中