預り金7000万をカッパライした栁田潤一弁護士(愛知)に除名の懲戒処分 預り金という制度自体を見直すことを考えない限り、今後も預り金のカッパライが減る事はないでしょう

毎日新聞は10日付で「7000万円着服の56歳弁護士を除名処分 3年間資格喪失 愛知県弁護士会」として以下の記事を配信した。

 

愛知県弁護士会は10日、県内に住む女性から計7000万円を着服し、弁護士の品位を損ねたとして「SIJ法律事務所」(名古屋市中区)の柳田潤一弁護士(56)を8日付で除名処分にしたと発表した。最も重い懲戒処分で、弁護士資格を3年間失う。

 弁護士会によると、柳田弁護士は被害に遭った女性の親族の会社の代理人を務めており、女性は預金保全のため2011年10月、柳田弁護士の預金口座に現金7000万円を預けた。柳田弁護士は12年3月1日までに全額を引き出し、別の複数の会社に金を渡したという。15年以降、返還を求めたが応じず、女性は16年10月に着服を知った。17年10月には名古屋地裁で損害賠償訴訟を起こされたが、現在までに1280万円しか返還していないという。17年9月に懲戒請求が出されていた。

 柳田弁護士は弁護士会の調査に着服を認め、「全て他に充ててしまった」などと話しているという。16年にも依頼者から預かった現金計約7300万円を流用したなどとして、業務停止6カ月の懲戒処分を受けている。

 同弁護士会での除名処分は5人目。鈴木典行会長は記者会見で「弁護士に対する市民の信頼を大きく損ない、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 

引用以上

 

栁田弁護士は、これで3度目の懲戒処分である。特に2度目の懲戒処分はカネがらみの懲戒処分であり業務停止6月の懲戒処分を受けているのである。今回の懲戒処分でカッパライをしたと判断された7000万円は前回の懲戒処分の問題の穴埋めで使ったと思われるが、栁田弁護士は本当の事を言うべきであろう。

しかし、何度も何度も繰り返すが、弁護士個人の裁量だけで出し入れ自由な「預り金」という制度は、弁護士に「預り金」をお財布代わりにすることを助長するだけの制度であり、「預り金に関する規則」など制定しても、何らのカッパライの抑止力にもならない事は日弁連・各単位弁護士会のお偉いさんたちもよく理解しているはずだ。

単位弁護士会の会長が謝罪しようと、何をしようとカッパライされたカネが戻る事はなく、雀の涙ほどの「見舞金」が支給されるだけなのである。本当に、弁護士自治の信託者である国民をバカにしているとしか思えない。くだらない「見舞金」を出す財源があるのであれば、カルパ制度の推進を図るべきであろう。

現在は、訴訟印紙代も保釈保証金もオンライン(ペイジー)などで支払い可能になっているわけであるから、カルパ制度も以前よりは簡単に導入できるはずであると思われるが何故に日弁連・各単位弁護士会が積極的に導入に取り組まないのかは全く理解できない。

今後も弁護士一人の裁量だけで、勝手に出入金が可能な「預り金」制度を原因とするカッパライが後を絶たない事は間違いない。今後も、「カルパ制度」の導入を日弁連・各単位弁護士会が検討しないようであれば、日弁連会長や各単位会の会長がカッパライした預り金については連帯保証して支払うように、新たな会規を作るべきであろう。「預り金」制度を維持している、お偉いさん方が責任を負うのは当然であると思われるからだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中