カネの亡者が跋扈し、知性に不自由なレイシストが愚かな行為を繰り返す令和元年を振りかえる

今年は、現上皇陛下が退位され、現天皇陛下が即位をなさった改元の年である。新年号や即位の礼などで様々な報道もなされたが、過ぎてしまえばあっという間の事でしっかりと「令和」という新年号も定着しているのである。

何人かの弁護士も逮捕され、懲戒処分を受けた者も述べ100名を超えるようである。今ではすっかり弁護士不祥事が日常化している感がある。

喰えない弁護士の問題も社会に周知されており、法曹離れも着実に進み、新司法試験制度と法科大学院制度は司法予備試験を目指すものが多くなり実質的に崩壊した事も司法制度改革の素晴らしい成果であろう。今後もますます優秀な人材の法曹離れは進むだろうから結果的に弁護士の「飽和」状態が徐々に是正されていく事になるはずである。

また、懲戒制度を嫌がらせの一環として利用する、知性に不自由なレイシストどもが起こした「大量懲戒」についても話題になった一年であった。自分の頭で考えずに、ネット上の言説を鵜呑みにして出来の悪いテンプレートを用いて懲戒請求を行うなど、筆者には全く理解できない話である。思想信条の自由は最大限尊重されるべきであり、弁護士が個人としての思想信条を述べることは弁護士業務でも何でもないのだから、懲戒請求を行うこと自体が間違いであることをネトウヨ連中は理解しないのであろう。

狭量な人間は見苦しく「国士」のふりをして悲憤慷慨するような連中は「国士」でも何でもなく、ただの自己満足であることをよく自覚するべきであろう。まぁ「先憂後楽」と言っても分からないような連中がネトウヨなのであるから、何を言っても理解しない事は先刻承知の感想である。

相変わらず「カネの亡者」らによる犯罪行為はとどまる事もなく、インチキ投資商品やマルチ商法やねずみ講もどきも後をたたない。もっとも悪徳商法のジャパンライフの実質経営者が、何らかの「功労者」として「桜を見る会」にご招待される時代なのであるから、安倍政権は悪徳商法や詐欺を奨励しているとも考えられるのである。

日弁連は悪徳商法首魁や、特殊詐欺などに関与していた「山根」を「桜を見る会」に招き入れる安倍政権を思想信条に関わらず厳しく糾弾するべきであり、またレイパー山口を野放しにした捜査機関の不公正な捜査についても徹底的に問題的を行うべきなのであるが、個人の思想信条の問題である、死刑廃止や憲法改正反対ばかりの決議や議論を繰り返すばかりだ。弁護士自治の信託者である国民の財産を守るために最適な「カルパ制度」の導入を図る気も無いようだし、「弁護士の弁護士による弁護士ための弁護士自治」は揺るぐ気配も無い。今後も筆者は同じ意見を延々と繰り返し述べていくことになるだろうが、そこは御寛恕頂きたい。

本年の更新は本日で終わり、新年は6日から再開する予定です。毎度変わらない事ばかり言い続ける当ブログをご覧になって頂いている方々に感謝します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中