博打場を作る事に何の国益があるのか? 秋元司衆議院議員を収賄で逮捕

共同通信は25日付で「秋元司衆院議員を収賄容疑で逮捕」として以下の記事を配信した。

 

東京地検特捜部は25日、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入を目指していた中国企業側から、現金300万円や約70万円相当の利益供与を受けたとして、収賄容疑で衆院議員秋元司容疑者(48)=自民、東京15区=を逮捕した。秋元容疑者は2017年8月から18年10月まで内閣府副大臣でIRを担当し、観光施策を所管する国土交通副大臣も兼務していた。

 秋元容疑者は、これまでの共同通信の取材に中国企業への便宜や現金授受を否定。

 特捜部は贈賄容疑で中国企業側の役員や顧問を務めていた鄭希(37)、紺野昌彦(48)、仲里勝憲(47)の3容疑者も逮捕した。

 

引用以上

 

塩田大介(現 川崎大資)との深い関係で知られる、秋元議員が遂に逮捕された。小林興起の元で政治を学んだようだが、様々な他の事もしっかり学んでこんな事態に陥ったのであろう。小林興起というと、どうしても五反田海喜館事件や、振り込め詐欺の収益を巡る殺人事件などを想起してしまうので、秋元議員も小林興起から何らかの「薫陶」を受けた事は間違いないだろう。

さて、このIRへの参入を巡る収賄事件であるが、金額も300万円の現金と70万円相当の利益供与と極めてセコイ金額であること、登場人物が川崎大資などと異なり「小物」ばかりである事が特徴であろう。秋元議員は弁護士法違反容疑(いわゆるキリトリを行った)ことや、川崎大資の助成金詐欺についての関与なども取りざたされていたので、本来は首を突っ込むべきところではない部分に相当首を突っ込んで小銭をもらっていたものと思われる。

一緒に逮捕されている「紺野昌彦」という人物と「仲里勝憲」という人物は、紺野においては沖縄で海外への投資などを持ちかける仕事をしていたようであり、仲里については元浦添市議である。紺野については、様々な誹謗中傷を含むような内容のブログなどがネット上に溢れており「被害者の会」なども存在する様子だ。このような人物から、よく300万円を受け取ったなというのが正直な筆者の感想である。脇も甘く、欲も深いからこんな事になるのであろう。

そもそも「IR」などという言葉で言っても、実情は「鉄火場」であり「マネロン」の温床となるカジノ施設など我が国に必要があるのかを良く考え直すべきであろう。菅官房長官のおひざ元の横浜でもIRに対する反対運動が盛り上がっている。博打のテラ銭で国を賄おうということ自体が大きな間違いであり、競馬・競輪・競艇・オートレース等の公営博打が苦境にあえいでいる事も良く分かっているのであるから、カジノなども一時は儲かっても結局は閑古鳥が鳴く施設になる可能性もあるわけであり、そんな事業を行う必要などないである。

菅官房長官は秋元議員の逮捕を受けても「できるだけ早期にIR整備による効果が実現できるよう着実に進めていきたい」と会見で述べたようだが、IRなど百害あって一利なしの施設であり、ギャンブル公害や犯罪の温床になる事は明らかなのであるから、徹底的な見直しを図る事が必要なはずである。まぁレイパー山口と昵懇の長官様が、謙虚にIRの見直しを図る事など無いと思うので、何の期待もしてはいないが、そのうち何らかの事件に連座することを期待したい。

安倍首相にもさっさと退陣して欲しいが、こいつも権力に憑りつかれている様子であり、これだけ「アベトモ」を優遇し警察に知人の子供のケンカに介入させるなど権力を恣にしていたら、簡単に辞めたくはないだろう。このような収賄事件はカネに憑りつかれた「カネの亡者」らが引き起こすものである。いい加減デタラメな「拝金主義」とチンピラのような「お友達主義」から決別しなければ我が国は崩壊の一途をたどる事になるのは間違いのない事だ。

久々に政界に切り込んだ特捜部の秋元議員の捜査の進展に期待したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中