迷走中の株主優待ビジネス名目でカネ集めを行ったシー・ティ・エヌの問題 一部の債権者に偏頗弁済を持ち掛ける菊田側の弁護士と元弁護士「若梅明」と結託もしくは協働する大谷側の思惑

継続的に、株主優待ビジネス名目でカネ集めを行ったCTNの問題についてお知らせしているが、後処理はさらに迷走を続けているようである。

この詐欺的なカネ集めの首魁の「菊田直樹」と名乗っていた菊田裕樹は、相場中行弁護士に委任を行い、自らと対立するもう一人の代表取締役である大谷氏と法廷闘争を行う事を予告しながらも、菊田側が確認している債権者らだけに約1万円を「弁済」としておこなうという偏頗弁済の提案をしているそうだ。いったい、この返済の原資はどこから出てくるのか理解不能であるが、弁済をするのであれば、自宅に乗り込んでレンガ1個程度の集金をしたチンピラや、「ツケ馬」の「馬田」たちへ支払ったカネを取り戻してから平等に行うべきであるはずだ。相場弁護士は、まともな私的整理を考えているのであれば、もう少し事実関係を確認したほうが良いだろう。CTNからは、黒木正博が実質的に運営していた「ヤナセ」という法人にもカネが流れているそうであり、この法人については様々な報道がネットジャーナリズムでなされていたが、結局は詐欺師に篭絡された地方企業が良いように喰われただけの事であろうと思われる。

一方の大谷氏の側では、山梨県の債権者グループが元弁護士の「若梅明」を利用し、菊田が実質的に経営する不動産会社の登記をいじったり、菊田の実質所有する不動産の登記もいじっているらしい。そんな事から菊田代理人の相場弁護士は「逮捕歴もある元弁護士の若梅明」がなどと、債権者への報告書面に記載しているようであるが、そういうのは印象操作でしかないだろう。弁護士であれば法的に闘うべきなのである。大谷氏側は「自分は名義だけで出勤もまともにしていなかった」とか「カネを出した人間たちには過払い請求をする」と述べているようだが、おおよそ若梅かその取り巻きの入知恵であろう。内情を知らないはずの大谷氏がCTNの配当が「過払い」になっている事を知りえているのはおかしいからである。いったい、大谷氏側は何を考えて若梅などと組んでいるのかは分からないが、この人も「金目当て」である事は間違いないだろう。

菊田の周辺は黒木正博に岩本陽二など詐欺師ばかりである。また菊田自身が何よりの詐欺師であり、今でも同じ株主優待ビジネスでカネ集めをする話を「うるさい」債権者らにしているのであるから、「懲りない」ことは間違いないのである。

菊田のような「カネの亡者」を死刑にできるように法改正しなければ、菊田が懲役から出てくれば、間違いなく同じことを行う事は間違いない。悪質なカネ集めに厳罰を加えられるような法改正は必須なのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中