「合意無き性行為」を行った自称ジャーナリストの安倍の提灯持ちに賠償命令 この提灯持ちの記者会見には同じ安倍の提灯持ちの連中が同席という不可思議 中村格や黒川弘務のような「官邸の狗」の追放をしなければ我が国の司法の信用は失墜するでしょう

朝日新聞は18日付で「伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める」として以下の記事を配信した。

 

望まない性行為で精神的苦痛を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。鈴木昭洋裁判長は「酩酊(めいてい)状態で意識のない伊藤さんに対し、合意がないまま性行為に及んだ」と認め、山口氏に330万円の支払いを命じた。

 判決によると、伊藤氏は2015年4月、都内のすし屋で山口氏と酒を飲みながら会食。その後、近くのホテルで性行為をされた。山口氏は「合意があった」と反論していた。

 伊藤氏と山口氏の言い分が大きく食い違ったことから、判決は2人の供述の信用性を比較。伊藤氏はホテルに入る際に足元がふらつくなど強度の酩酊状態で、「記憶がない」とする本人の供述と整合性があると認定。その日に医療機関を受診していたことや、数日後に友人や警察に相談をしたことを「意思に反して行われた裏付け」とした。

 一方、山口氏については「伊藤氏が帰る意思を示したのにホテルに向かった」と指摘。ホテル内でのやりとりについても内容が不合理に変わっており、「伊藤氏の供述が客観的事情とも整合し、相対的に信用性が高い」と判断。「性行為に合意はなく、伊藤氏が意識を回復して拒絶してからも続けた」と結論づけた。

 山口氏は、伊藤氏の会見や著書で名誉を傷つけられたとして反訴していたが、判決は「性犯罪の被害者をとりまく社会状況を改善しようと体験を明らかにしたもので、内容も真実なため名誉毀損(きそん)にはあたらない」として退けた。

 この件をめぐっては、伊藤氏の告訴を受けて警視庁が山口氏を準強姦(ごうかん)容疑で捜査したが、東京地検は16年7月、嫌疑不十分で不起訴処分とした。伊藤氏は17年5月、検察審査会に不服を申し立て、顔と名前を明かして記者会見。だが、東京第六検察審査会は同年9月、「不起訴相当」の議決を出した。

 判決後、取材に応じた伊藤氏は「刑事事件で不起訴になり、どんな証拠や証言があったのか、私は全てを知ることができなかった。民事で明らかにすることができて良かったと思う」と、時折言葉を詰まらせながら語った。

 山口氏は18日午後に都内で会見を開く予定だが、山口氏が当時勤務していたTBSは「元社員の在職中の事案であり、誠に遺憾です」とのコメントを出した。

 

引用以上

 

安倍政権の提灯持ちで東京地検特捜部に逮捕・起訴されたペジーコンピューティングの創業社長の齊藤元章とも深い関係があり同社がだまし取った助成金のおこぼれにもあずかっていた山口敬之という自称ジャーナリストの下劣極まりない性暴力が認められたわけであり、まさに「スラップ」と表現することが適当な山口が北口雅章弁護士を代理人として名誉棄損として1億3千万もの請求を行った反訴請求は見事に棄却されたのである。

確かに民事と刑事は異なるが、被害者が「拒絶不能」の状態であったことは、この民事訴訟においても明らかになり、ジャーナリストと自称しながらも供述が変遷し裁判所に「重要な部分において不合理な変遷が見られる」、「客観的な事情と整合しない点も複数あり信用性に疑念が残る」と判断された山口は恥を知るべきであろう。

判決後山口は、同じく安倍の提灯持ちの小川榮太郎と被害者への罵詈雑言を自らのブログに投稿した(現在は削除済み)北口雅章弁護士と花田紀凱が同席して「判決は納得いかない」との記者会見を行ったそうだが、控訴をするのは勝手だが、同じ安倍の提灯持ちたちに何の事実が分かるというのであろうか?バカも程々にしておけと言いたい。小川や花田と一緒に会見する北口弁護士の見識も問われるべきであろう。当事者でも関係者でもない「提灯持ち」を同席させ会見を行う弁護士など前代未聞であろう。

この民事訴訟の判決から、山口に逮捕直前に「圧力」を掛け逮捕を免れさせた中村格警察庁官房長(現在)や、甘利明の「受託収賄」に佐川宣寿の「文書改ざん」加計学園問題の「総理のご意向」などの事件化を防いだことで、官邸への「忠誠心」を評価され出世した黒川弘務東京高検検事長のような茶坊主どもの胡散臭さと腐った立身出世主義と安倍の「お友達主義」が明らかになったはずだ。

こういう「官邸の狗」を追放しなければ、我が国の司法など誰も信用しなくなるだろう。安倍の「お友達」であると「特権」があるような社会は明らかに歪んでいる。桜を見る会に特殊詐欺関係者や悪徳商法首魁が出席するのも「アベトモ」をアピールする故である。

いずれにしても、自称ジャーナリストの山口の主張が「客観的な事情と整合しない点も複数あり信用性に疑念が残る」と判断されたわけであるから、こいつの著作も信用ならない事は間違いない。所詮は提灯持ちでしかないことが証明されたという事である。

“「合意無き性行為」を行った自称ジャーナリストの安倍の提灯持ちに賠償命令 この提灯持ちの記者会見には同じ安倍の提灯持ちの連中が同席という不可思議 中村格や黒川弘務のような「官邸の狗」の追放をしなければ我が国の司法の信用は失墜するでしょう” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中