猪野雅彦センセーのおはなし

猪野雅彦弁護士(第二東京)は、特殊詐欺や悪徳商法の業界では「頼りになる」弁護士として、3度の懲戒処分を受け、自らの名を冠した「雅法律事務所」を追放された現在も未だに評価の高い弁護士である。

そんな猪野弁護士が詐欺事件の被害者らの代理人として客集めを行い刑事告訴を行ったのがタイにおける鉄鉱石の採掘などへの投資を持ちかけた「ONK」のカネ集め事件である。結局猪野先生が刑事告訴をしたが警察は詐欺師どもを逮捕することは無かった。おそらく、欺罔行為自体の立証ができなかったのではないかと思われるのが、「カネの亡者」の特殊詐欺師は、享楽だけが生きがいなので、逮捕や服役を極度に嫌がるので、弁護士にどうすれば刑事事件化しないかを相談したうえで詐欺を行う事も多く、そのような「知恵」を犯罪集団に与えていたのが猪野弁護士でもあるのだから、猪野弁護士は「ONK」が刑事事件化できない事は分かっていたのではないかとも思ってしまう。最近アクセスジャーナルが「ONK」の首謀者たちが、また「永久機関」のようなもので金集めをしているとの報道を行い、暗に猪野先生の批判もしているようだが、「カネの亡者」は更生することがない事は何度も述べているとおりであり、頭に銃剣でも刺されない限りは永遠に詐欺道を邁進することは確かであろう。

しかし「永久機関」とはロマンの有る話である。ヴィラールの「画帖」の永久機関や、なんやら魔術めいたものを想起してしまうが、「カネの亡者」の永久機関は詐欺のカネ集めの道具であり、そこには神秘性もロマンの欠片もない。まぁ脳ミソの中は「カネ」のことしか頭にないのであるから当然の事ではあるが、本当に現在の特殊詐欺集団に関与する者達が知性に不自由なことが良く理解できるわけだ。

猪野センセーの話に戻るが、まだ複数の懲戒請求が提起されているようであり、その内容は今までと同様の「職務懈怠」と「金銭問題」との事で、また懲戒処分が下されれば「業務停止」は避けられないと思われる事態になっているそうだ。そうなれば多くの詐欺集団が「物分かりの良い」猪野弁護士への依頼が不可能になり、少しは特殊詐欺も減少するのではないかと思われる。

猪野先生は、フランクで偉ぶらず、親しみやすさから多くの「ファン」を持つ弁護士でもある。どこで道を踏み外したのか分からないが、猪野先生の現状はまさに「欠陥弁護士」である。第二東京弁護士会は、きちんと猪野弁護士の行動を今から指導監督連絡権を行使し確認しておかないと大変な事態になる事を自覚したほうが良いだろう。懲戒処分を下す前にしっかりと猪野先生の内情を把握しておくべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中