チンピラどもとバカ芸能人と薬物 半グレのアクセサリーになるバカ芸能人が薬物を使用している事は周知の事実 クラブカルチャーには薬物がつきものと考えられているのも事実です

薬物疑惑がたえず噂されていた沢尻エリカがMDMAを所持していたとして麻薬取締法違反で16日に警視庁に逮捕された。その後、沢尻に関する報道が虚実含め入り乱れあふれている事はご存知のとおりである。

この沢尻は、以前から半グレや反社との付き合いが報道されており、何度も薬物疑惑が報道されていた。そんな中で何者かからの精度の高い「チンコロ」により、沢尻は逮捕されたわけだ。この「チンコロ」には、おそらく様々な思惑があったはずで、沢尻の行動を深く知る関係者からの情報提供であったからこそ、クラブ活動帰りの沢尻に「職質」を行い、逮捕の端緒としたのであろう。

特殊詐欺や悪質な不動産販売などを営むバカ者たちは、三流芸能人を侍らせることが大好きである。おのぼりさん根性なのか、育ちの悪さゆえか、流行ものが大好きでクソまずい料理を喰わせるお友達が営む飲食店で食事をして、詐欺師と薬物常習者が入り乱れる「クラブ」で「はじける」のが大好きなのである。ご存知の通り、違法薬物というのはセックスドラッグとして使用される事が多く、一度ハマればなかなか抜けられない事は、違法薬物事犯の再犯率が極めて高い事でも理解できるのである。

偏見を承知で言えば、「クラブ」は薬物の温床である。いくらクラブ側が薬物排除の方策を行っても、「クラブ」と「薬物」の縁は切れるものではない。多くのクラブ関係者が実際には「クラブカルチャー」と「薬物」はセットだと言っている事も事実であり、実際に海外のクラブでは、まさにそのとおりの状況である。「クラブ」の健全化とかいったり「ダンスの自由」を主張する者も弁護士らも多いが、「クラブカルチャー」の本質を良く理解したうえで、そのような主張を行う事が必要であろう。「クラブ」と違法薬物という事では、KAZMAXという投資詐欺師も「クラブ」で薬物を使用したとして逮捕されている。

そんなことからも「クラブ」と違法薬物の親和性は高いのは事実なのである。

また「パリピ」と呼ばれる連中の多くは詐欺関係者や犯罪関係者である事も事実だ。金塊強盗から、特殊詐欺師まで出現するのが「フェス」や「イベント」なのであり、そのような企画開催時に参加者に徹底的に職質を行えば相当数の逮捕者が出る事も確実であろう。

大麻解禁論や、薬物犯罪には処罰よりも「治療」をという声も強いが、そのような違法薬物を売っている連中が、どのような人間たちであるかなど誰でも分かる事であろうし、その犯罪収益がどこに流れるのかを考えれば、違法薬物については徹底的な取り締まりと厳罰化が必要であることは自明であろう。そうすることによって、薬物犯罪のみならず、特殊詐欺の摘発も進捗することは間違いない。

沢尻の弁護人に誰がなるのかも注目だろう。弁護人が誰だか判明すれば、所属事務所側のコネなのか、薬物常習側のコネなのかも分かるだろうと思われるからだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中