菊田裕樹を代表者と表示していた株式会社シー・ティー・エヌ (ドメイン ctn-japan.jp)のウェブサイトはNotFoundに 菊田は相変わらずの詐欺話をしながら反社のツケ馬と一緒に行動しているようです

株主優待権ビジネスで多額のカネ集めを行った株式会社シー・ティ・エヌ(以下、CTNという)の内紛について何度かお伝えしてきた中で、CTNの代表であると主張する菊田裕樹(前科あり)と大谷養氏がそれぞれCTNのウェブサイトを公開していたが、菊田を代表者とするウェブサイトが閲覧不能の状態になっている事が分かった。

 

【参考リンク】

株式会社シー・ティー・エヌ (ドメイン ctn-japan.jp

 

菊田裕樹は自ら逮捕されることを覚悟している事を申し述べながらも、別会社で株主優待券の仕入れと販売を行い、CTNを再生させるような話をしているようだが、実際にCTNに集められたカネの多くは、菊田と黒木正博個人に流れているようであり、「再生」など不可能であることは明らかかであろう。

どんな人間からでもカネを引っ張るのが黒木と菊田の特徴であるようだが、CTNにカネを出した「反社」「半グレ」「チンピラ」のいずれも特殊詐欺を業とする連中は菊田の身柄を押さえる事を図り、現在は「馬田」という人物や、住吉会系の暴力団が菊田の身柄を押さえ、「ツケ馬」をしているとの情報も寄せられている。こんな話が出る時点でもCTNの再生など不可能であることが分かるだろう。

多くの方からCTNについての情報を寄せていただいているが、現実論からいえばCTNからカネを回収することはすでに手遅れであろう。なぜなら、CTNが集めたカネはすでに菊田・黒木から他に逃がされており、菊田が欲をかいて買った法人群の運営もまともになされているとは思えないからである。

詐欺師という生き物は、カネを集める・騙し取る事だけが「仕事」であるので、事業の成否など問題にしてないので、愛人を会社に入れて実業家ぶるぐらいしかやる事がないのである。CTNにしても一部の人物らが株主優待券を購入していたことは確かであろうが、その商売で毎月20%以上の「配当」など出るわけがない事は冷静になれば分かるはずだ。

菊田のような詐欺師は、最初は「カモ」を信用させるために自転車操業でも「配当」を出して、何度かの配当を行ったうえで大きく引っ張りに行くのである。今回のCTNのカネ集めでは菊田のアシスト役のような側近が数名いて、相当な手数料を被害者からも菊田からも巻き上げたという話も伝わってきている。おそらく「カネ集め」がねずみ講やマルチ商法のような手法で行われたという事であろう。このようなアイディアを誰が考えたのは分からないが、特殊詐欺を業にしていた連中が菊田の側近に存在したことは間違いないだろう。

菊田についての情報は錯綜しているが、つまらない事に一喜一憂せずに「カネは返ってこない」と腹を括ったうえで、CTNに債権者破産をかけるとか、CTN及び勧誘者らを刑事告訴するとか、そういう動きを被害者らは行うべきであろうと筆者は考える。

“菊田裕樹を代表者と表示していた株式会社シー・ティー・エヌ (ドメイン ctn-japan.jp)のウェブサイトはNotFoundに 菊田は相変わらずの詐欺話をしながら反社のツケ馬と一緒に行動しているようです” への 1 件のフィードバック

  1. CTNの「菊田「」はローソン事件の「岩本陽二」」と同じ場所で新しい会社を設立し同じことを行おうとしている。
    一般社団法人日本株主優待取引所
    会社法人番号 0110-05-008364
    東京都渋谷区代々木一丁目29番5号

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中