渡辺征二郎弁護士(第一東京)が10月28日から3か月の業務停止になっていました!

弁護士法人の設立と清算を繰り返し、以前に代表社員であったブライテスト弁護士法人は電話が「お客様の都合」で不通になり、東京都港区東麻布3-7-3 東麻布久永ビル2階の事務所は家賃未納で追い出され、歌舞伎町に事務所を移転し弁護士法人アシスト東京を立ち上げた渡辺征二郎弁護士が今年10月28日から3か月間の業務態処分を受けた事が確認された。

渡辺征二郎弁護士の情報は以下の過去の記事をご参照いただきたい。

 

【参考リンク】

弁護士法人の清算と設立を繰り返す渡邉征二郎弁護士 家賃滞納で追い出されたブライテスト弁護士法人を清算し歌舞伎町に弁護士法人アシスト東京を設立

 

今のところ、懲戒事由などの報道がないので、渡辺弁護士が何をやったのかは不明だが、非弁提携に名義貸し、連絡不能に犯罪助長と何でもありのお方なので、3か月ぐらいの業務停止では何とも思っていない事も事実であろう。

この渡辺弁護士の業務停止により、今年4月25に設立された弁護士法人アシスト東京は、「社員の欠乏」を理由に解散され清算に移ることになる。清算人には第一東京弁護士会の弁護士がなるはずだが、清算人に選任された弁護士は徹底的に弁護士法人のカネの動きを追いかけ、預り金などの横領が発覚したら即座に刑事告訴を行うべきであろう。そうしなければ、3か月後には渡辺弁護士の懲戒が明けて、必ず再度犯罪的な弁護士業務もしくは名義貸しを行うと思われるからだ。

今後の渡辺弁護士の動向にも注目したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中