東名あおり運転事件の控訴審で石橋和歩が無罪を主張 刑事弁護を務める高野隆弁護士は「罪刑法定主義」に反するとの主張を行ったそうです

時事通信は6日付で「東名あおり、無罪主張=危険運転の成立争点―夫婦死亡事故控訴審・東京高裁」として以下の記事を配信した。

 

神奈川県大井町の東名高速道路で2017年、「あおり運転」を受け停止した車にトラックが追突、夫婦が死亡した事故で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われ、一審横浜地裁で懲役18年とされた石橋和歩被告(27)の控訴審第1回公判が6日、東京高裁(朝山芳史裁判長)であった。

弁護側は「危険運転には当たらない」などと改めて無罪を主張。検察側は控訴棄却を求め、即日結審した。判決は12月6日。

弁護側は、追い越し車線上に停止した夫婦の車に、車間距離を取っていなかったトラックが突っ込んだなどと主張。あおり運転と事故の因果関係を認定し、同罪が成立するとした一審判決ついて、「法律を拡大解釈し、トラックの過失も過小評価した」と批判した。

一審横浜地裁判決によると、石橋被告は17年6月5日夜、パーキングエリアで萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難され憤慨。時速約100キロで萩山さん一家の車を追い抜き、進路をふさぐ行為を4回繰り返し、追い越し車線上に停止させた。約2分後、大型トラックが追突、萩山さんと妻友香さん=同(39)=が死亡するなどした。 

 

引用以上

 

刑事弁護が被告人の利益のために行われる事は当然のことであるが、あまりにも飛躍した論理を展開することは詭弁でしかないだろう。「あおり」をおこなったチンピラの石橋の弁護人は「刑事弁護界のレジェンド」と呼ばれる高野隆弁護士だそうだ。高野弁護士はチンピラ石橋の行為について「割り込んで停車させた行為が危険で悪質で重い刑事罰が必要なら、国会で論議し国民に周知しなければならない」と主張し、今回のチンピラ石橋の行為は法律の拡大解釈であり罪刑法定主義に反すると批判を行ったそうだ。

一般の国民からしたら、PAの駐車区域外に駐車していたことについて注意されたことを逆恨みをして、被害者の車を煽りたおし、無理やり停車までさせた行為を行う事は明らかに危険で悪質であると思うはずである。チンピラ石橋が惹起した悲惨な事故は明らかに故意犯であり、しかも日常的に「あおり」運転を行っていたのであるから、その悪質性と故意性は明らかであろうと思われる。このようなチンピラ石橋のようなクズや飲酒運転で人身事故を起こすような連中のために危険運転致死傷罪があるはずなのである。この自動車運転処罰法の条文には「人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」との記載があり、チンピラ石橋の行為は明らかにこの条文に抵触することは明らかだろう。何をもって、高野弁護士が法律の拡大解釈と主張するのかは筆者の頭では理解できないのである。

あと今回の控訴審が朝山芳史判事が裁判長である事に若干の懸念を感じる。朝山判事は独特の判断基準を持っており、最近も信号無視して5人を死傷させた女性の控訴審で、運転していた女性は「心神喪失」状態であるとして逆転無罪判決を言い渡しているからである。

チンピラ石橋のような行為に厳罰を与えなければ、このようなバカどもが「あおり運転の罪は大したことは無い」と考えてバカな行為を繰り返すことは明らかだろう。

何にしても、控訴が棄却される事を多くの国民が望んでいる事は確かであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中