河井法相が、妻の公選法違反疑惑で辞任 「忖度」なしの徹底的な捜査が必要 

日テレニュース24は10月31日付で『安倍首相「国民に深くおわび」河井法相辞任』として以下の記事を配信した。

 

河井案里参議院議員に公職選挙法違反の疑いが浮上し、夫である河井法相が安倍首相に辞表を提出した。

 先週、菅原経産相が辞任して一週間もたたないうちに、再び疑惑により閣僚が辞任する事態となった。安倍政権にとっては大きなダメージ。

 河井前法相「たとえ1分1秒たりとも、法務行政に対する国民の信頼が損なわれてしまってはならないと考え、妻と相談した上、一晩じっくり考え、けさ決断した次第であります」

 妻の河井案里参議院議員をめぐっては、ことし7月の参院選で、選挙カーから声かけをするいわゆるウグイス嬢に対して、公選法の規定を上回る日当を支払っていた疑いがもたれている。

 疑惑について河井氏は「私も妻もあずかり知らないところで法令にのっとった選挙活動と信じている」と述べ、調査の上、説明責任を果たす考えを示した。

 安倍首相「国民の皆様に深く心からおわびを申し上げたいと思います」

スピード辞任となったことについて政権幹部は「法律を所管する法相は他の大臣とは違う。疑念が出た以上は厳しい」と話している。

 皇居では31日午前、森まさこ新法相の認証式が行われた。

 相次ぐ閣僚の辞任に与党内からも、「首相は毎回、任命責任は私にあるというが責任を取ったことがあるのか。支持率が下がらないからタカをくくっている」などと安倍首相への批判の声が上がっている。

 

引用以上

 

法務大臣が妻の公選法違反疑惑で辞任という事だが悪い冗談のようだ。法務行政のトップが、妻の参院選における違法行為の疑惑をかけられたのであるから、安倍首相の見る目の無さが際立つ事案である。

この河合氏の妻である河合案里参院議員の公選法違反疑惑については「忖度」などせず徹底的な捜査を行うべきであろう。何かと「忖度」が話題になる安倍政権のことだから、うやむやに事を終わらせることも考えられるからである。

先週は菅原経産相が辞任をしたが、この菅原も札付きのワルであり、一時期は秘書にヤミ金経験者がいたこともあり、全く常識のない人物であることは、地元の練馬では有名であり経産相に任命されたこと自体に大きな驚きを持った人たちが多かったようだ。このような人事は安倍首相なりの論功行賞なのであろうが、「適材適所」とはほど遠い「お友達主義」の内閣人事は安倍首相の足を引っ張るばかりでなく、我が国にとっても有害でしかない事にいい加減に気付くべきだろう。

新たに法相に就任した森まさこ議員は弁護士でもある。どんな法務行政をおこなうのか注目したいが、上述のとおりまずは河合案里参院議員の公選法違反疑惑を徹底的に捜査することから始めてほしい。すでに河合案里議員は「私自身が自分の選挙事務所に立ち寄ることもなかなかできなかったため、事務所運営や事務は、法令遵守の方針のもと、信頼できるスタッフの皆さまにお願いしてまいったところです。」などと既に責任転嫁を図っているのであるから、責任を転嫁された河合案里議員のスタッフらは事実を全て暴露して欲しいものである。

腐りきった安倍政権の支持率が落ちない事が筆者には不思議でならない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中