保釈取り消し収容予定の岡崎公栄が逃走 収監に訪れた検察事務官は逃走を幇助した男に轢かれる このようなバカどもの人権に配慮する必要があるのでしょうか?

NHK NEWS WEBは30日付で「保釈取り消し収容予定の女 制止振り切って逃走 大阪 岸和田」として以下の記事を配信した。

 

30日午前、大阪 岸和田市の大阪地方検察庁の支部の前で保釈が取り消され収容される予定だった49歳の女が、制止する事務官を振り切り待機していた男の運転する車に乗って逃走しました。地検は、警察の協力を得て、2人の行方を捜査しています。

検察庁によりますと、30日午前11時前、大阪 岸和田市にある大阪地方検察庁岸和田支部で、保釈が取り消され、収容のため呼び出しを受けていた岡崎公栄被告(49)が「荷物を取りに戻りたい」などと言い、事務官の立ち会いのもとで外に出ました

しかし岡崎被告は、庁舎の前に待機していた男の運転する車に乗り込んで車を急発進させ、制止しようと前に立ちはだかった事務官を振り切って逃走しました。この際事務官は車にはねられ、手や肩に軽いけがをしました。

検察庁によりますと、岡崎被告は無免許で車を運転してけが人が出る事故を起こし裁判中でしたが、保釈決定が取り消されたため、30日、収容に向けた手続きの説明を受けていたということです。

2人が乗った車はあずき色で、検察は警察の協力を得ながら、公務執行妨害などの疑いで行方を捜査しています。

近所の人「びっくりしている」

大阪地検岸和田支部のすぐ近くで働いている女性は「仕事をしていたら大きな声が聞こえたので、外に出ると検察庁の入り口の近くで男性1人が路上に倒れていました。その後は、すぐにパトカーが3台くらい集まってきました。近くでこういうことが起きて、びっくりしています」と話してました。

また、近くに住む男性は「窓の外を見たら、人が倒れていました。早く捕まえてもらいたいです」と話していました。

 

引用以上

 

岡崎公栄は、保釈の取り消しがなされたということだから、保釈の際の遵守事項に違反したものと思われる。無免許運転による事故という事であれば、無免許である事を分かっていて岡崎に車を貸した人物などとの接触を禁止されていた可能性もあるが、制限住所にいなかったとか、そんな事ではないかと思われる。

今回の「逃走」は仲間のバカ男が検察事務官を轢いてまで行った行為であり、計画的な行動であったことは間違いないだろう。

まさか、無免許運転で起訴された人間が「逃亡」するとは検察事務官も思っていなかったのであろうが、バカの考えることは想像を絶するということを、よく理解して収監などには赴くべきであり、こんなバカや車で検察事務官を轢いたクズなどは即刻射殺でも問題ないと思われるので、検察事務官が犯罪者を収監に行く際には警察官も同行して行くべきであろう。

それにしても、保釈の運用がいい加減だからこういうことが起きることは間違いないだろう。逃亡の恐れや証拠隠滅の虞が無いと思われる者らを保釈せず、岡崎公栄のような基地害を保釈してしまうのだから、裁判所は保釈を判断する基準を再考するべきであろう。

岡崎の刑事弁護人は、この逃亡をどんな思いで見ているのであろうか?基地害や犯罪常習者の保釈申請は行わないという事も弁護士の良識ではないかと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中