ネット上の「評価」など、あてにすること自体が間違い 自称グルメの自己顕示や「ヤラセ」がはびこる「グルメサイト」は営業時間の確認ぐらいを行うぐらいにしか使えません

朝日新聞デジタルは9日付で「グルメサイトと飲食店の取引実態を調べるため、公正取引委員会が店に送ったアンケートの依頼文書」として以下の記事を配信した。

 

グルメサイトの評点や検索結果の表示順位などをめぐってサイト側が不当な要求をしていないか、公正取引委員会が実態調査に乗り出した。契約料に応じて恣意(しい)的に内容が操作されているのではないかとの疑念が専門家らから出ており、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)などの問題があれば、サイト側に改善を促す方針だ。

 公取委の山田昭典事務総長が9日の定例会見で、「サイトの運営業者と飲食店との取引関係について、問題があるのかないのかを調査している」と明らかにした。「(サイト側が店に)不当な条件を押しつけていないか」などの観点で調査するという。

  公取委は9月から、グルメサイトの加盟店にアンケートを始めた。朝日新聞が入手した調査票によると、公取委は「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」を例示。評点や検索結果の表示順位で不利な扱いを受けた経験や、契約の一方的な改定、不要なプランの契約など、計60問について回答を求めている。

 

引用以上

 

SNSや、グルメサイトで似非食通ぶりを発揮し、グダグダ能書きを書いている連中の評価などあてになるわけも無く、評論家気取りで偉そうなことを書いている連中の脳みその中が大したものであるわけがない事は確かであろう。自分が行った店や喰ったものを写真に撮っていちいちSNSなどにアップする連中も同様である。

大体、食べ物の好みは千差万別であり、一般的にあまり美味でないものが大好物の人間もいるだろうし、ファストフードが大好物という人間もいるだろう。食事の評価など「好み」でしかなく、絶対的な基準などない事ぐらい少し考えれば分かる事である。

飲食店の応対などにしても、奴隷のような対応を求めるバカもいるようだが、客と店との関係性を考えると、客は対価を支払い何かしらの食事の提供を受ける立場であり、それ以上のものではない。決して「神様」などではなく客も店も等価なのである。そんな中で過剰サービスやへりくだった対応が「神対応」などとされる時代なのだから飲食店の従業員は大変であろう。

グルメサイトと言われるサイトが営利である限りは、当たり前だがカネを多く支払った客にサービスをすることはある意味当然であろう。そう考えれば「評価」など全く当てにならない事は当然なのである。だから、グルメサイトなどで店を選ぶことはやめたほうが無難であることは間違いなく、場所と営業時間の確認ぐらいに利用は止めるべきなのだ。

このようなネット上での「評価」はネット黎明期には、それなりに信頼性の高い面もあったと思われる。最近はネット通販が盛んになったことから「評価」を捏造する業者などまで発生している事も事実であるし、AMAZONなどにおいても出会い系上がりや半グレが美容商品の販売のために取引を偽装し評価を上げていた事なども確認されている。このような「偽装評価」に対しては販売サイトも対策を行っているようだが、実態はイタチごっこなのである。

いつも述べる事であるが、インターネット上の情報など「話半分」と考えることが重要であり、「真実」というものを見極めるのはウェブ上の情報を鵜呑みせず、内容を自分の脳みそで判断する必要があることを利用者は自覚するべきであろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中