チンピラのN国立花を脅迫容疑で書類送検 社会の害悪でしかない立花は社会からの追放が必要

共同通信は「N国党の立花党首を書類送検 ネット動画で区議脅迫の疑い」として、以下の記事を配信した。

 

インターネットに投稿した動画で東京都中央区議の男性を脅したとして、警視庁は2日、脅迫の疑いで、NHKから国民を守る党の立花孝志党首を書類送検した。関係者への取材で分かった。

  関係者によると、立花氏は7月、男性区議に対し「徹底的にこいつの人生、僕がつぶしにいく」などと発言した映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、脅した疑いが持たれている。

  男性区議は春の統一地方選で党公認として当選し、その後、党側との金銭トラブルで離党したとされる。男性区議が被害届を出し、警視庁は9月、立花氏に任意で事情聴取していた。

  立花氏は7月の参院選で初当選した。

 

引用以上

 

YOUTUBEで積極的に非常識な独自の見解の発信を続けるチンピラ立花であるが、ついに脅迫容疑で書類送検された。このようなバカを当選させた有権者は大いに反省して欲しい。

このチンピラ立花は、有罪になったら議員辞職をすると言っているが、「こいつの人生をつぶしにいく」などと発言しているだけでも、議員としてだけでは無く人間としての品性が全くない事が確認できるだろう。

この立花は参院選で当選した事から、ただでさえ誇大妄想であったところが、更に妄想が亢進したのであろう。N国党所属で選挙区に居住の実態が無いにもかかわらず区議選に出馬して当選票数を得ながらも当選取消がなされた司法書士の非弁の調査において、東京弁護士会に乗り込み因縁をつけたりしているぐらいだから、相当天狗になっていた事は間違いないだろう。

 

【参考リンク】

チンピラ丸出しのN国立花VS東京弁護士会 立花の行動は国会議員としてあるまじきもの また加陽麻里布司法書士の退職代行は「非弁」を疑われても当然でしょう

 

こんなバカを放置しておいて良いはずはないし、動画を使った恫喝行為は立花が日常的に行っている行動である事からも、参議院は立花の辞職勧告決議を行うべきなのである。

バカを議員にして、バカ集団の「N国」に政党交付金が支給されるようになったことは犯罪集団に国がカネを出している事に他ならないのである。

このような集団にできる事は「売名」と「炎上」で耳目を引いて金を集める事だけであり現実的な課題の解決などできるはずもない事は確かだ。有権者は、立花のようなチンピラを二度と国会に送り出さないよう肝に銘じてほしい。

“チンピラのN国立花を脅迫容疑で書類送検 社会の害悪でしかない立花は社会からの追放が必要” への 1 件のフィードバック

  1. 鎌倉さんに不服があります。

    立花さんの問題について
    Wikipediaの編集は偏っていることで有名です。
    エプスタインという人身売買でつかまった人物からから資金提供を隠蔽して受け取っていた
    伊藤穣一氏も編集しているところです。
    着服くらいならどの政治家もやってるのでインパクトが弱いです。

    立花さんについてはこんな情報もあります。。
    この人も何らかの思惑がある人かもしれませんがよくまとめています。

    昭和のフィクサー、松浦良右と立花孝志、幸福の科学の繋がり
    http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

    気になる繋がり…ソロスー阿部修平ー竹中平蔵ー上杉隆ー立花孝志
    http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-517.html

    >バカを議員にして、バカ集団の「N国」に政党交付金が支給されるようになったことは犯罪集団に国がカネを出している事に他ならないのである。

    バカ議員はこの人だけでしょうか。
    魔の○回生とかこんなのどこの政党にもいませんか?
    丸山さんが不祥事起こしたときの対応に違和感を感じませんでしたか?
    集団で個人を非難するだけで所属政党の責任は追及しない。
    理由は簡単です。
    第二第三の丸山さんを抱える政党ばかりだからです。
    ほかの議員も立花さん並にバカなのかもしれません。

    増えすぎた議員を処分できずにいるところに
    NHKの内部事情を知ったワルが政治に躍り出て不良議員と徒党を組んだ。

    増えすぎた弁護士が非弁で徒党を組んでカッパライをはじめたのと同じです。

    議員も弁護士も厳格な処分をし人員を減らしたほうがいいです。
    議員を減らす話、だれもしなくなりましたよね?
    つまり国会議員も政治資金の亡者なんですよ。
    弁護士会も除名より甘い懲戒で上納金を得る亡者です。

    NHKにいい番組があるとしても、集金の仕方に問題はあります。
    外国人がわけがわからず消火器で追い払おうとして捕まったことがありました。
    ドアを開けたら足や手をはさんで退去しない。
    これだと外国の方は不審者と思っても仕方がないと思います。

    かんぽと同じでなりすましの「偽装契約」もあるそうです。

    こういうやり方がずっとまかり通ってました。

    新聞拡張団もそうです。
    数年前に一人で7部契約をさせられたお年寄りがいました。
    新聞拡張団は暴力団だったと聞いたことがあります。
    研修で経歴から法学部卒だとわかったら小指のない講習者が
    「帰れ、お前の来る場所ではない。」と言ったそうです。

    こぎれいなふりをした新聞社も押し紙で粉飾。
    契約管理を反社会勢力に委託しているのでは誰も契約したくなくなりますよね。

    マイライン、フレッツ光、auひかり、おとくライン。
    電話勧誘で嫌な思いをしたのは誰でもいるはずです。
    電話の口調がおれおれ詐欺と似ているのは偶然でしょうか。
    大手企業の下請けですがどんな企業なんでしょうか。
    大手企業は契約後の責任をとることはほぼありません。
    多重請負になっているので責任逃れをします。
    これ、構造的にはおれおれ詐欺と一緒ですよ。

    こういう民事で判例が積みあがると
    おれおれ詐欺がどんどんやりやすくなっていると思います。
    「法の下に平等」なんですから、
    「企業と同じで下請の下請がやったからしらねえ」で逃げ切れてしまうでしょう。
    企業の尻拭いでおかしな判決を出せば犯罪者が活用します。

    司法判断が不良債権となって山積みになり国を滅ぼしてます。
    もう手遅れかもしれません。

    そして、こういう鬱憤を活用して躍り出たのが立花センセイだったのでしょう。
    立花センセイを叩くだけでは解決しないと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中