学校に弁護士を配置していじめやモンスターペアレント問題が解決するわけなどありません。バカな親やチンピラの親に対しては何の効果もあるはずもなくカネの無駄遣いでしょう。

共同通信は23日付で「スクール弁護士を配置へ、文科省 300人、いじめや虐待に対応」として以下の記事を配信した。

 

学校現場でのいじめや虐待に対応するため、文部科学省が「スクールロイヤー」と呼ばれる専門の弁護士を全国に約300人配置する方針を固めたことが23日分かった。各地の教育事務所などに拠点を置き、市町村教育委員会からの相談を受ける。来年度からのスタートを目指して準備を進める。経費は年間約4億円を見込み、財源に地方交付税を活用する考え。

 学校現場では、いじめや虐待だけでなく、不登校や保護者とのトラブルなど、法的なアドバイスが有効な場面が多い。弁護士が早い段階から関わり、訴訟など状況が深刻化する前の解決を目指す。

 

引用以上

 

親がチンピラとか、シャブ中とかであれば子供がまともに育つわけが無いのは自明の理であろう。そんな親が子供に、まともな教育ができるはずなど無く、学校の指導などに従わない事も当然であり、何かあれば権利だけを振りかざすのがバカの特徴であり、そんな連中に法律で物事を説くことなど不可能なのである。

また、いじめや虐待に対しても弁護士など介入させても基本的には無力である。「スクールロイヤー」という立場であれば被害者の代理人という立場ではないし、一般論などで、いじめや虐待が無くなっているのであれば、とうにいじめも虐待も無くなっているはずであり、対処には法的な対処というよりは、教育を受けるという権利自体の抜本的な見直しが必要なのである。

勉強ができるとかできないとかではなく、バカというのは嫉妬深く劣等感が強いのが特徴である。そして何かといえば群れを作る事も特徴である。バカな親たちはバカ親同士でLINEで情報交換し、バカ同士の連帯感を強め何かあれば学校や同級生に因縁をつけて「特別待遇」や「銭」を得ようとする者であることを自覚して、人間として扱わず子供の教育を受ける権利を放棄させることも必要だろう。

そんな場合に役に立つのは世間知らずの弁護士などではなく、確固たる信念を持った教師や社会人のほうが適格であろう。バカの戯言など聞く必要はなく、因縁をつけてくるバカ親やいじめに加担する子供らなどにどんな指導をしても無駄であり、特に子供を虐待する親などは人間として遇する必要などなく、即刻身柄を勾留できるように法改正を行うべきであり、そのような仕事を警察ができるようにするべきであろう。

また学校に配置される弁護士はヒマな弁護士たちになるのであろうから、実務経験にも乏しく観察眼にも期待できない弁護士になるであろうことも不安要素だ。バカ親が怒鳴り込んできたときに毅然とした対処ができないような弁護士では税金の無駄遣いになるだけであろう。

学校というのは学びの場であり、法律で物事を処理することを教える場所ではないのである。いじめなどが放置される背景には教師に全ての責任を押し付ける風潮にあるだろう。

子供の教育は親がまず行うものであり、学校に過度な責任を求めることは間違いであり、何かといえば注意義務を問うて教師らを委縮させた一部の弁護士の罪は重いだろう。

学校で行うべき教育は以下のような内容に基づくものでなければ、ならないはずだ。

子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格

徳をもって子供らを指導し、礼をもって子供らを治める事なのである。論語の素読でも問題児童たちに毎日やらせたほうが余程非行防止に効果があるだろう。読書百遍義自ずから見るという言葉もある。教育に法を用いるようになれば「民免而無恥」はさらに加速し、いじめや虐待はさらに表面化しづらくなる事は間違いないだろう。「スクールロイヤー」など絶対に中止するべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中