犯罪常習者の吉永精志元弁護士はやはり村越仁一弁護士(第二東京)のもとにいるご様子 吉永を経由した訴訟案件を受任するMダイスケ弁護士に関する情報も寄せられています

先日、犯罪常習の元弁護士として自称霊能者の小林霊光の事を取り上げたところ、ぜひ吉永精志についても取り上げていただきたいとの要望を受けたので、現在までに寄せられた吉永についての情報をお知らせする。

吉永は懲戒処分を受け、バッジを返上した諸永芳春元弁護士の事務所に小林霊光と共に寄生し、多くの取り込み詐欺集団である通称「引き屋」からの依頼を受け、債務整理を偽装した詐欺事件としての立件を防ぐための単なる時間稼ぎを業として行ってきたことは繰り返しお伝えしてきたとおりだ。

そのほかにも地面師事件に関与したり、日常的に犯罪行為を行ってきたのが吉永なのである。

この吉永が、これまた欠陥弁護士の村越仁一(第二東京)とも深いつながりがあり、刑事事件を村越弁護士に「振って」間を抜いたり、地面師事件の不動産売買に村越弁護士を参加させたりして犯罪稼業を続けていたのである。村越弁護士が「東京JIN法律事務所」を閉鎖し、「法律事務所村越」を「ヤミ金・風俗ビル」として名高い、上野の物件に事務所を移動後も相変わらず吉永は村越弁護士のところに出入りしているという情報も寄せられた。

 

【参考リンク】

問題弁護士の村越仁一(第二東京)が、またまた事務所を移転 今度は上野です

 

吉永が出入りする事務所がまともな業務を行うはずのない事は当然であり、相変わらず村越弁護士は吉永に「名義」を使われ事件屋稼業のお手伝いをさせられているのであろう。こんな事をしているようでは村越弁護士が更生することは、まず不可能であり早晩弁護士資格を失うことは明らかだろう。

吉永は、村越弁護士以外にも様々な弁護士に仕事を「斡旋」しているようであり、そのうちの一人が比較的若手のMダイスケ弁護士である。この先生の所属事務所も事件屋が多く依頼することで有名であるのであるが、吉永の案件を受けることに抵抗感をなくしているようであれば、Mダイスケ弁護士も吉永と同じように「退会命令」「除名」もしくは「逮捕」「起訴」「有罪判決」という流れでそう遠くない未来に弁護士資格を失うことになるだろう。

吉永からMダイスケ弁護士を紹介されたという筆者に対する情報提供は、両手でも足りない数であり、そのようなルートで実際に非弁行為を吉永が行っている事は確かであろうと思われる。筆者はMダイスケ先生の所属会に吉永との「非弁提携」の情報提供を行う予定だ。

吉永とMダイスケ弁護士の結託についてご存知の方はコメントで情報をお寄せください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中