A&H弁護士法人を清算しブライテスト弁護士法人を解散し清算中の渡辺征二郎弁護士(第一東京)は弁護士業務を行っているのでしょうか?

表題のとおり中田康一弁護士(第二東京 すでに除名)が設立し、詐欺的な金集めの舞台になっていたA&H弁護士法人は渡辺征二郎弁護士の手で清算され、A&Hの清算中に設立された弁護士法人ブライテスト法律事務所も家賃未納で連絡不能になった挙句に、解散し現在渡辺弁護士が清算人となって清算中である。

そんな渡辺弁護士が、歌舞伎町で弁護士法人アシスト東京を設立した事はお伝えしているとおりだ。

 

【参考リンク】

 弁護士法人の清算と設立を繰り返す渡邉征二郎弁護士 家賃滞納で追い出されたブライテスト弁護士法人を清算し歌舞伎町に弁護士法人アシスト東京を設立

 

この渡辺先生だが、以前に「新虎ノ門法律事務所」という事務所を運営していた時に家賃滞納で当時の事務所を強制退去させられたという情報も確認された。

 

【参考リンク】

 債務整理の森 新虎ノ門法律事務所の口コミと評判

 

この渡辺弁護士が運営していた新虎ノ門法律事務所とブライテスト弁護士法人は共に「家賃未納」で追い出されたわけである。こんな何度も「追い出し」を食らう弁護士は「厄ネタ」でしかないと筆者は考えるのであるが、「アシスト東京」の実質経営者はそうは思っていないのであろう。

上記の参考リンクには「最も重要な代表弁護士である渡辺征二郎弁護士の顔が見えないということです。」と記載されており、ある時期から渡辺弁護士は「名義貸し」をシノギにしていたと思われる。第一東京弁護士会は、渡辺弁護士が「名義貸し」をしている疑いについての情報も寄せられているだろうし、ブライテスト弁護士法人が連絡不能であった時期に多くの苦情があったと思われる事からも、早急に渡辺弁護士の業務の実態について指導監督連絡権を行使し確認するべきであろう。また、ブライテスト弁護士法人の清算についてもきちんと内容を精査すべきであり、不自然な法人の解散・清算を繰り返している渡辺弁護士の清算行為についてしっかりと監視をするべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中