代車であおり運転の宮崎文夫容疑者 SNSでのイタイ投稿や出会い系での女探しなど現代の負の部分を一身に背負った典型的なバカ者

産経新聞は19日付で『「ぶつけられて頭にきた」あおり運転の宮崎容疑者供述』として以下の記事を配信した。

 

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で茨城県警に逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が、被害者の車が自身の車に追突したとして「ぶつけられて頭にきたので殴った」と供述していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、宮崎容疑者は10日の殴打事件の際、被害者の男性会社員(24)の車の進行を阻んで停止させた後、歩いて男性の車に歩み寄り窓越しに怒鳴りつけるなどした。この際、もみ合いになって男性がブレーキから足を離してしまい、宮崎容疑者の車にぶつかったという。

 宮崎容疑者は「つかみかかっているときに車が動いてぶつかった」と供述し、衝突の直後に男性の顔を複数回殴ったとする容疑を認めている。

 また、宮崎容疑者が運転していたBMWの白色の高級スポーツタイプ多目的車(SUV)に複数のすり傷がついていたほか、今回の事件まで数キロにわたり急な車線変更や減速を繰り返していたことも判明。7月23日には愛知県岡崎市と静岡市清水区で同じ車によるあおり運転が確認されており、茨城県警は各地で危険な運転を繰り返した結果、車体に傷がついたとみて調べている。また、被害者のドライブレコーダーの映像を解析し、道交法違反や暴行などの容疑に該当するかどうか捜査している。

 一方、県警は、宮崎容疑者を自宅にかくまったとして、犯人隠避などの疑いで逮捕した交際相手で大阪市の会社員、喜本(きもと)奈津子容疑者(51)について、傷害幇助(ほうじょ)容疑での立件も視野に捜査に乗り出した。喜本容疑者は殴打事件の様子を携帯電話で撮影していたとされる。

 県警は19日、不詳としていた宮崎容疑者の住所を大阪市東住吉区桑津、職業を会社役員と発表した。喜本容疑者は同じマンションの別室に住んでいた。

 

引用以上

 

あおり運転をする人間というのは、自己顕示欲が強く暴走することで周囲に威圧を加えていると思い喜びを感じる人間である。車を左右に蛇行させ「どけ!」と自己主張することで前の車が車線を空けることに喜びを感じる人種であり、法令遵守という意識は皆無であり、バカ女と共に調子の乗る事が多い事も特徴だ。東名高速におけるあおり運転により殺人事件の被告人である石橋和歩が懲役18年の実刑判決を受けた事でも「あおり運転」は社会問題化し、やはりバカ女が同乗していたわけだ。今回の宮崎容疑者と喜本容疑者の狂った行為を録画したドライブレコーダーの映像がTVや動画サイトで配信されたことで、改めてあおり運転を行う人間が、一般の人間からは受け入れがたい感性である事がよく理解され改めて社会問題となったのである。

この宮崎容疑者は、会社役員という事でありそれなりの学歴も経歴もあるようであるが、社会性は全くなく、自分を誇示するために高級車を乗り回したり、外食している写真などをSNSにアップしていたようだ。このような感性は特殊詐欺師と同様であり、ブランド品や高級外車でしか自己主張をできない事と、自己確立が出来ていないので、自分の哲学も何も無いので、「カネ」でだけ自己顕示をするのである。こういう人間は特殊詐欺師と同様に絶対に「更生不能」である。また犯人隠避容疑で逮捕された喜本容疑者とは「出会い系サイト」を通じて知り合ったという報道も出ているが、おそらく「会社役員」という肩書で女を探していたのであろう。おそらく宮崎容疑者は出会い系サイトで「痛い目」に何度か遭っているとも思われる。SNSでの自己顕示に、出会い系での女探しなど宮崎容疑者はまさに「イタイ」人物であり現代のネット社会の負の部分を一身に背負っていると読み取ることも出来る。

SNSで何を喰ったとか、どこに行ったとか一生懸命投稿している人間を筆者は一切信用しない。そんなこと人に言う事ではないと思うし、だからどうしたんですか?と思うからだ。なんで一生懸命自分の行動を人に知ってほしいと思うのか全く理解できないのが本音だ。しかしながら、宮崎容疑者のような人間は「俺は友達が多いよ」「俺はカネ持っているよ」「いい車に乗ってるよ」と情報発信して「スゴイデスね」と言われたいのであろう。まさに特殊詐欺師と同様のメンタリティである。今後、社会問題化した「あおり運転」に対しての罰則の強化や、このような危険行為を犯した人間に対しては二度と免許を発行しないような運転免許制度の改革も必須であろう。

今回の宮崎容疑者をめぐる報道の中で、喜本容疑者が逮捕される前に宮崎容疑者がSNS上でフォローしていた女性を喜本容疑者と誤認し、デタラメな情報発信をされ多大な迷惑を受けている事も報じられている。SNS上でつながりがあるからと言って、なんでこの女性を犯人扱いするような情報発信ができるのか筆者には全く理解できないが、「妄想」「妄執」で誰かを犯人扱いすることはあってはならない事である。今回の事件は、このような事も含めてネット社会の問題点が大きく浮かび上がる事件であると筆者は感じている。

ネット社会はどんな人間でも情報発信できるようになったが、その情報は玉石混交とはいえ、圧倒的に「石」ばかりであることを利用者はしっかりと自覚すべきであろう。所詮はカネ目的でアクセスアップを目論む連中の書くものである事を理解すれば良いだけの事であるから簡単な事なのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中