特殊詐欺師と弁護士 いびつな共存関係

今までも、特殊詐欺集団の意向を受け、被疑者・被告人のためではなく、犯罪集団の利益を図るための弁護活動を行ってきた弁護士を筆者は批判し続けてきた。

 

【参考リンク】

特殊詐欺に加担する弁護士 山形新聞記事から見える事実

 

最近はインチキ暗号資産(仮想通貨)がどのようなものか理解しながらも、積極的にそのような詐欺的な暗号資産の販売に関与する弁護士が存在する事もお知らせしてきた。

 

【参考リンク】

暗号資産(仮想通貨)の販売のための説明会に参加する弁護士のフトコロ事情

 

このような弁護士らは特殊詐欺師と「共存」しているわけだが、最近も出会い系から暗号資産に非弁提携まで手広く手掛けていた、特殊詐欺の主犯格とある有名弁護士が「結託」というか、弁護士に特殊詐欺師が一方的に「喰われている」ような事案の情報が寄せられた。

現段階で全てのウラが取れていないので、現段階では実名では記載しないが、上述のとおり特殊詐欺集団の首魁Aは、出会い系(いわゆるサクラを使う)で、財をなして、その犯罪収益をさらに犯罪の原資として、様々なファンド名目での詐欺、ワンルームマンションの販売、暗号資産の販売などを行ってきたようだ。この詐欺集団の首魁Aは、ある弁護士を「顧問」的に使い、購入者の収入証明から勤務先まで用意し、全ての書類を偽造して住宅ローンを無理やりとおす方法で「クズ物件」を売りつける商売をしていたそうだが、その会社の「顧問」として上述の弁護士に毎月数十万円を支払いしていたそうだ。この弁護士は、特殊詐欺集団首魁のAと「ズブズブ」のようだったことから、このような悪質なマンション販売の実態は分かっていたであろう事と、仮にもその会社から結構な報酬なのか顧問料なのか分からないが銭を巻き上げていたのであるから、その会社の内情ぐらい知っておくべきであろうが、カネだけもらえれば良いと考え何もしていなかったようである。現在、この犯罪的な手法でマンションを売りさばいていた業者は、捜査機関にも注目される存在になっているそうだ。

その他にも、この弁護士は特殊詐欺主犯格Aに絶えず「知恵を貸して」インチキファンドで金集めを行った際の後始末や、暗号資産の詐欺的な販売についてもアドバイスを行っていたようで、その度に法外な金額を特殊詐欺主犯格Aから巻き上げていたようである。

この、筆者に寄せられた情報が真実なのであれば、この弁護士の行為は犯罪を助長し社会正義の実現を阻害するものであることは確実である。

弁護士が積極的に犯罪の幇助などを行っていると思われる事案が近年特に増加しているように筆者には思える。特殊詐欺集団と弁護士のいびつな共存関係が増加している原因のひとつに、弁護士増員政策による司法制度改革が存在すると思うのは筆者だけではないだろう。

この件については追加取材の上で詳細を公表する予定である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中