地面師事件で逮捕されていた伊関正孝元弁護士が不起訴で釈放 伊関元弁護士は事実関係を是非とも記者会見で公表して下さい

FNNニュースは17日付で「土地の所有権を不正に移転 逮捕の元弁護士 不起訴処分」として、以下の記事を配信した。

 

「地面師」の手口で、他人の土地の所有権を勝手に移転させた疑いで、逮捕された元弁護士が不起訴処分になった。

元弁護士の男性(当時63)は5年前、東京・町田市の土地をめぐって、免許証を偽造するなどして80代の地主の女性になりすまし、土地の所有権を不正に移転させた疑いで逮捕された。

東京地検は、17日付けで男性を不起訴処分にした。

 

引用以上

 

伊関元弁護士は2度の逮捕をされていたわけだが、結局は不起訴処分となったようだ。おそらく「情を知らない」という供述を行い続けたのであろうと思われる。しかしながら、不起訴になろうが、伊関元弁護士が地面師事件に関与した事は間違いなく、伊関元弁護士らが不動産会社に対し、「地主には借金があるので早く売却したい」と虚偽の説明を行っていたという報道からも、伊関弁護士も当然のように情を知り得たうえで関与をしていた事は確実だが、起訴に至るまでの証拠が無いという判断だったのだと思われる。

東京地検が、伊関元弁護士を送れなかった事は今後大きな禍根を残す事になると思われる。伊関元弁護士と同様に地面師事件に関与している弁護士も多いわけだが、そんな弁護士らが今回の伊関元弁護士と同様に「自分はまっとうな依頼だと思った」と言い逃れをすることで起訴を免れる事になると思うからである。

そもそも通常の不動産取引に弁護士が関与すること自体が異常な事態であり、預り金口座に不動産の売買代金を振り込ませたりすること自体があり得ない事なのである。伊関元弁護士が特に関与しなくとも成り立つ不動産売買において、どのぐらいの報酬を得たのかも伊関元弁護士の悪意の立証になると思われるのであるが、そのあたりの事情では起訴まで踏み切れなかったという事であれば、最初から引っ張らなければ良いのである。

それに伊関弁護士は数々の問題を起こしてきた超有名欠陥弁護士であり、最後には「除名」処分まで受けた人物である事や、懲戒弁護士と詐欺師が蝟集した「潮総合法律事務所」で様々な犯罪行為が行われていた事から鑑みても「真っ白」とは言えないはずである。

伊関元弁護士もいろいろ言いたい事があるだろう、是非とも伊関元弁護士の生の声で、この事件の真相を語って頂きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中