ブライテスト弁護士法人は新宿に移転したそうです! 何で弁護士会への登録を変更しないのですかね? 注意喚起を所属の第一東京弁護士会は行うべきでしょう

ブライテスト弁護士法人(唯一の社員 渡辺征二郎【第一東京】)が連絡不能状態である事は今年2月にお伝えした通りだ。

 

【参考リンク】

相変わらず、登録場所の変更がなされない「事務所不定」の渡辺征二郎弁護士(第一東京) 第一東京弁護士会は早急にブライテスト弁護士法人が連絡不能であることを会として告知すべきです

 

家賃未納で現在も第一東京弁護士会に届け出をしている事務所所在地の「東京都 港区東麻布3-7-3 東麻布久永ビル2階」から今年2月に追い出されているにもかかわらず、弁護士会への登録電話番号である「03-6441-0344」が復活しているとの情報が筆者に寄せられた。その情報によれば、現在ブライテスト弁護士法人は新宿に事務所を移転しているが、弁護士会への事務所変更の申請など行わずに、事務所が運営されているとの事であった。

すでに上述のとおり、弁護士会への登録先である住所地からは今年2月には退去させられている事から、電話番号だけ未納の電話料金の支払いをして復活をさせて電話を実際に今稼働している事務所に「新宿」に転送し業務を行っているのであろうと思われる。

この情報を聞いた筆者はさっそく第一東京弁護士会の会員課に連絡をして

 

・すでに弁護士登録上の住所地である東京都 港区東麻布3-7-3 東麻布久永ビル2階から渡辺征二郎弁護士及び弁護士法人ブライテスト弁護士法人は退去しているにもかかわらず事務所の所在地の変更届を適切に提出せず「新宿」に移転している事実。

 

・このまま渡辺征二郎弁護士及びブライテスト弁護士法人を放置すれば、多くの国民に害を与える可能性が強いので、渡辺征二郎弁護士及び弁護士法人ブライテスト弁護士法人が適切に登録住所の変更を行っておらず「新宿」で業務を行っている事を国民に注意喚起する事を希望する事。

 

・おそらく非弁屋がブライテスト法人を恐らく支配しているであろう事実。

 

をお伝えし、ブライテスト弁護士法人及び渡辺征二郎弁護士に指導監督連絡権を行使するようにお伝えしたが、心もとないので当サイトで告知をする次第である。

 

弁護士自治の信託者である国民の皆さんにお伝えします。

 

登録番号 16876 の渡辺征二郎弁護士が唯一の社員である弁護士法人ブライテスト法律事務所は弁護士登録上の住所地である東京都 港区東麻布3-7-3 東麻布久永ビル2階では業務を行っておらず新宿で非弁屋に飼われているようですので、くれぐれもご注意ください。

すでに渡辺征二郎弁護士及びブライテスト弁護士法人に何らかの委任をしている人は、第一東京弁護士会に連絡をして、渡辺弁護士がどこにいるのか確認して、場合によっては紛議調停・懲戒請求を申し立てるようにするべきです。ちなみにブライテスト弁護士法人のウェブサイトは落ちたままで閲覧不能である。そりゃそうだろう、事務所所在地も明らかにできないのだからウェブサイトなど公開できるわけもない。

第一弁護士東京弁護士会は、渡辺征二郎弁護士の所在を一刻も早く確認し、渡辺弁護士が新宿のどこで執務を行っているのか確認し国民に公表すべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中